15-1

とっても便利なスマホ。ケータイ電話としての他、ゲームをして本を読んで、GPSとして使って、とにかく色々と使えます。

しかし、とにかくバッテリーが減るのが早いのです。せっかく便利なスマホでもバッテリーがなくなってしまったら役に立ちません。こちらでは少しでもバッテリーの持ちをよくするために、やってはいけない習慣をご紹介します。

充電しながらスマホをフル稼働させる

スマホに使われているのは、リチウムイオン電池。寿命を縮めてしまう原因の一つとして、電池周りの熱があります。

充電中に発熱につながりやすい処理が必要なゲームをずっとする、動画を見るという行為は、スマホを流れる電流の量が増えるので電池が発熱し、本体も発熱してしまうことに!これは確実に電池の劣化を招きます。充電中は緊急の場合でない限り、スマホは休ませて触らないようにしましょう。

スポンサードリンク

過充電はNG!

15-2

リチウムイオン電池の特徴の一つに、放充電を繰り返していくにしたがって少しずつバッテリーが劣化してしまう、というものがあります。

それでバッテリーの充電回数をなるべく減らすのがバッテリーを長持ちさせるコツなのです。過充電とは、バッテリーが100%充電されたのに、そのまま充電器につなげておくこと。1回満充電したのにそのまま充電器につなげておくと、スマホは放電と充電を繰り返しながらバッテリー100%の状態を維持しようとするのです。

この細かい継ぎ足し充電がバッテリーを劣化させる原因となってしまいます。スマホは満充電できたら、すぐに充電器から外すようにしましょう。

高温になる場所での充電

リチウムイオン電池の最高許容周囲温度は、約45℃。ということは、スマホを高温の状態に置くだけで劣化が進んでしまうというのです!気を付けたい高温になってしまう場所には、直射日光の当たる車のダッシュボード、暖房の前などあります。スマホを置く場所には十分気を付けましょう。

これはしてはダメ!スマホの寿命を縮めてしまう習慣とは?

充電しながらスマホで動画を見る、ゲームをすると本体が加熱するのでスマホのバッテリー劣化をまねきます。

過充電はバッテリー劣化の原因ですので、100%充電されたら充電器から外すように心がけましょう。

リチウムイオン電池は高温に弱いので、スマホを置く場所に注意しましょう。