バンザイ

貧血の症状で一番数が多いと言われる鉄分欠乏貧血。実はしっかり予防する事ができます。特に月経やダイエットなどで栄養が偏りがちな女性は知っておくと貧血しらずの身体が手に入るかもしれません。

その1:まずはバランスのいい食事から!

貧血だからといって「鉄分」ばかりとればいいというわけではありません。過度なダイエットなどが原因の場合は鉄分意外の栄養素も不足していう可能性が高いのです。1日3食を規則正しく食べ、主食、主菜、副菜を組み合わせてバランスよく栄養をとるようにしましょう。

スポンサードリンク

その2:鉄分を多く含む食べ物とは?

やはり代表的なものだと「レバー」を思いつく方が多いのではないでしょうか。その他にもひじきやきくらげ、ほうれん草、ココア、はちみつ、れんこん、もやし等があります。ひじきやココアはビタミンやポリフェノールが豊富なので美容にもいい所が魅力的です。これらを日常的に献立に取り入れるようにして貧血を未然に防ぎましょう。

その3:貧血時におすすめできない食べ物とは?

食事
よいものを知っておくには反対の知識ももちろん必要です。食べ物の中には鉄分の吸収を防いでしまう食べ物もあるので注意しましょう。まず、緑茶、コーヒー、紅茶に含まれる「タンニン」は鉄の吸収を防いでしまう働きがあります。食事中や食後に渋めのお茶や濃いコーヒーを飲むのはできるだけ控えるようにしましょう。また、子供が牛乳を飲み過ぎてしまうと「牛乳貧血」といってカルシウムを吸収しすぎる事により鉄分の吸収が阻害されてしまう事もあります。
 

まとめ:

酸素や二酸化炭素を身体の中で運ぶ働きにかかせない「ヘモグロビン」。これの主な材料である「鉄分」が不足すると身体に様々な支障が出てしまいます。これらを防ぐ為にも意識的に鉄分の含まれる食事を摂取し、自分の身体と上手に長く付き合っていけるようにしましょう。