9-1

安さにつられて買ったTシャツ、洗っているうちになんだかヨレヨレに…。そんなことありますよね。

でも、もしかしたらそれ、洗い方が原因かも!?そう、洗濯の時に少し気を付けてあげるだけで、Tシャツが長持ちするんです。

こちらでは、ヨレヨレTシャツにしないためのコツ、みてみましょう。

 

Tシャツをヨレヨレにしてしまう、やってはいけないNGなこととは?

Tシャツを洗うとき、洗濯機に放り込んでガンガン回す…。これ、Tシャツの生地を摩擦で痛め、色あせやプリントがダメージを受ける原因となってしまいます。また、Tシャツを干すとき、ハンガーを使っていませんか?これは、首周りのゴムが水の重みでのびてしまうので、首元がヨレヨレしてしまいます。同じ理由で、洗濯ピンチに洗濯バサミで挟んで干すのも、NGです。

 

スポンサードリンク

 

洗濯機に入れる前のひと手間で、Tシャツは長持ち!

9-2

Tシャツは、実は手洗いが一番!脱水だけ洗濯機に任せるのがいいのです。

しかし、忙しい日々を送っているのに、そんな時間はないのが事実。それで洗濯機に入れる前に、ひと手間かけてあげましょう。Tシャツを洗濯するときは、必ず「裏返し」にする、これを心がけて!洗濯機に入れる前に裏返しにするのが面倒くさい、ということであれば、Tシャツを脱ぐときに裏返しにして脱ぐ習慣をつけるといいですね。そして、ネットに入れてあげましょう。これだけで、全然Tシャツの持ちが変わってきます。

もし洗濯ネットを使わないのなら、首元を輪ゴムで縛ってから、洗濯機に入れます。これで、首元が伸びるのを防ぐことができます。

 

Tシャツを干すときの注意とは?

Tシャツを干すときも「裏返し」のまま日陰に干すのは、基本。色あせを防ぐためです。

また、ハンガーを利用してTシャツを干すなら、Tシャツを盾に半分に折って」、ハンガーに二つ折りにしてかけましょう。これで、重さが分散されるので、伸びにくくなります。もしくは、平置きで干すと型崩れを防ぐことができます。今は、吊り下げタイプの平置き干しできるグッズも売っていますので、こちらを活用するのも手です。

 

TシャツをダメにするNGな洗い方とは?この洗い方で、ヨレヨレTシャツにもさよなら!

Tシャツをそのまま洗濯機に入れて洗う、ハンガーにかけて干すのは、Tシャツのよれ、ゆがみになります。

Tシャツは裏返しにして洗濯ネットに入れて洗濯機に入れます。洗濯ネットがないなら、Tシャツの首周りを輪ゴムで縛るのもいいでしょう。

裏返しにしたTシャツは縦に折ってハンガーにかけるか、平置きで干しましょう。日陰干しすると色あせしません。