脱水

長年、使用していた洗濯機が急に壊れてしまって、手洗いで洗濯しても脱水ができない。

災害、停電などで洗濯機が全くつかうことができない。濡れてしまったタオルや衣類を自分の手だけで簡単に脱水することができる方法はないのか…

実はそんなときに濡れているタオルや衣類を簡単に脱水することができる方法があります。

簡単にタオルや衣類を脱水する方法とは?

簡単にタオルや衣類を脱水する方法は主に2つあります。1つ目は、タオルを用いる方法です。

まず、バスタオルを広げて衣類を海苔巻きのように巻いてくるみ、その後、タオルの上から少し力を入れて押しながら水分をとっていく。

1つ目は、タオルに水分を吸収させていく方法です。しかし、この方法を実践する際に注意する点は、押しながらタオルに吸収させるときにタオルが湿るので、畳などの濡れてしまうと困る場所ではあまり実践しない方が良いと思います。

スポンサードリンク

2つ目は、モップ絞り器を使う方法です。まず洗濯物を畳んで、表側の面を絞り水分を飛ばします。

次に裏側の面へと裏返して、絞ります。この方法はあまり力を使わずに簡単に脱水することができるので大量に脱水したいときにはタオルを用いる方法に比べて簡単です。また、普段は浸け置き洗いのたらいの代わりとして使えるので、汚い物さえ入れなければ水汲みバケツとして十分に使うことができます。

さらに、手動洗濯機などの商品も販売されていますがその価格はモップ絞り器の約5倍でモップ絞り器の方が実用的でコストパフォーマンスも優れていると思います。

おうちでデリケートな衣類をクリーニング。電気を使わず脱水

洗濯機を使わずに脱水をする方法とは?

少ない量を脱水したい場合は、タオルを用いて脱水する方法。大量の場合は安くて便利な「モップ絞り器」を用いて脱水する方が良い。