a1180_001164

アイロンで簡単に張り付くワッペンや名前入りシール。

時がたつとはがしたくなるもの。

強引に剥がそうとすると、下の生地やワッペン自体をいためてしまう場合もあるので

今回はすんなりワッペンが剥がせる方法をご紹介します。

ワッペンの剥がし方その1:アイロンで再び熱する

そもそもアイロンで貼り付けるワッペンの仕組みは、アイロンの熱によってワッペンの裏のノリが溶け、冷えたあと再度固まるというもの。

 「ワッペンが剥がれないなら、またアイロンで熱してあげればいいじゃない!」by マリーアントワネット

ってことですね。

アイロンで熱したあとゆっくり剥がしてください。

1度でとれなくても、何度かやってれば取れます。

ワッペンの剥がし方その2:残ったノリには

ワッペンを剥がすと、ノリが残ります。

このノリもアイロンであたためて、爪楊枝でこするようにすると取れます!

ノリはすっごいあついので火傷しないように注意してください。

スポンサードリンク

ワッペンの剥がし方その3:アルコールでぽろぽろ

ノリの種類にもよるみたいですが、ぽろぽろ落ちます。

薬局で売っているような消毒用のエタノールで大丈夫です!

アルコールにしばらく漬けておくだけでOK。

ノリの種類によっては落ちないので、その場合は別の方法で頑張りましょう・・・!

ワッペンの剥がし方その4:ざらざらした紙でぺろり

食べるわけじゃないですよ。

習字の半紙のざらざらした方や、キッチンペーパーなどを使います。

ノリのある部分に、ざらざらした方を下にして紙を置き、その上からアイロンをかけるだけです。

少しだけ冷ましてから、ゆっくり剥がしましょう。冷ましすぎると紙が服とくっついてしまいますよ!

ざらざらの紙にノリがくっつき、ぺろっと剥がれます。

ワッペンの剥がし方 まとめ

熱いアイロンを使うので、全作業を通じて火傷には気をつけてください。

また、完全にノリを取るのはちょっと難しいみたいです。目立たなくなったらある程度は妥協しましょう。