10-1

油性ペンってとても便利なのですが、うっかり間違えて書いてしまったとき、子どもがいたずら書きをしたとき、本当に困ります。でも、あきらめないで!もしかしたら消す方法があるかも!こちらでは素材別に油性マジックの跡の落とし方、ご紹介します!

 

壁紙についた油性マジックの跡

壁紙の素材によって対処方法が違いますので、まず壁紙の素材を確認しましょう。

壁紙がビニールクロスの場合は、無水エタノールを使いましょう。これをコットンなどにしみこませて、ペンの跡に押し付けてしばらく置いておきます。そして、落ちてきたインクをきれいなタオルで拭きとります。これを何度か繰り返していくと、少しずつペンの跡が薄くなっていきます。

壁紙の素材が、紙、織物の場合は、シミになってしまうので、絶対に濡らしてはいけません。消しゴム、メラミンスポンジで軽くこすってみましょう。素材が弱いので、強くやらないことがポイントです。少しずつ様子を見ながらこすってみましょう。特に紙壁紙は素材の強さにもよりますが、完全に落とすのは難しいかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

フローリングの床、テーブルについてしまった油性マジックの跡

10-2

比較的いたずら書きが発生しやすい、テーブル、フローリングの床。いくつか使えそうな方法がありますので、ご紹介します。

オレンジなどの柑橘系の果物の皮には「リモニン」という、油性のものを溶かす物質が含まれています。オレンジなどの柑橘類の皮を不織布の袋に入れて、揉んで果皮液を出しながらマジックの跡をこすってみましょう。驚くほど落ちます!ただし、水分を吸う素材の場合は吸収してシミになってしまうことがありますので気を付けましょう。

また、マーガリン、バターを使う方法もあります。布につけて汚れをこするだけ!そのあと中性洗剤で油分をふき取りましょう。

 

布、洋服についてしまった油性マジック

ピンポイントで洋服についてしまった油性マジック。クリーニングに出す前に試してみたいのが、「乳化剤が含まれたクレンジングオイル」を使って落とす方法です。化粧品に含まれる油性の成分を落とすためにクレンジングには「乳化剤」が入っているものがありますが、これで油性マジックを溶かしていくのです。

油性マジックがついた部分の裏にタオルを敷いて、クレンジングオイルをなじませていきます。揉んだりして汚れを浮かせていき水で洗い流し、その後普通に洗濯します。

10-1

キャー!うっかり油性ペンで書いてしまった…!素材別、きれいに消す方法!

壁紙がビニールクロスなら無水エタノール、紙、織物素材なら消しゴム、メラミンスポンジで優しくこすりましょう。

フローリングの床、テーブルは、柑橘系フルーツの皮、マーガリン、バターを使ってみましょう。

布、洋服は、乳化剤が入ったクレンジングオイルを使ってみましょう。