ビオラパンジー

ガーデニング初心者の方にお勧めするのが、定番ですが種類も色も豊富なパンジーとビオラです。

花の時期が11月から6月頃と長く楽しめる上、病害虫がつくことも少なく、11月の初めに植え付け、枯れた葉や花を取ってあげるだけで半年間も咲き続けるのですから本当にタフな花です。

パンジーとビオラは丈夫で長持ち、その上おしゃれ

どちらかといえばパンジーよりもビオラの方がより丈夫で、こぼれ種で翌年も花をつけることもあります。近年、かなりの寒さにも耐えるように品種改良が進み、花色も赤、白、黄色といった昔ながらの色から、二色、三色、ミックスなど多種多様です。

初心者の方は、長く楽しむためにも園芸店で販売されている花の土を購入して、苗を植える方が間違いないと思います。「パンジーの土」「パンジーの肥料」と記載されたものを使用するとすくすくと育ち、次々と花をつけてくれます。

スポンサードリンク

私は毎年カラーを決めて植えています!

ホワイトに統一したり、紫のバリエーションにしたり、黄色とオレンジのビタミンカラーにしたりしと楽しんでいるのですが、「今年は紫の色違いなんですね。いつもこちらを通るのが楽しみで」と、見ず知らずの方に声をかけてもらうことがあります。

パンジーやビオラもフォーマルな寄せ植えになります!

パンジー色

何かと忙しい12月に入る前に、私はパンジーやビオラを使ってクリスマスとお正月用を兼ねたフォーマルな寄せ植えを作ります。ごくシンプルに同じ鉢植えを作り、玄関の両脇に置くだけですが、フォーマルな感じがします。

作り方は好みの鉢を選び、小さ目のゴールドクレストのような伸びのある植物を後ろに植え、その前に赤と白のパンジー、またはビオラを植えます。

これと同じものをもう一つ作り、玄関の両脇に措きます。

簡単な寄せ植えも同じものを左右対称に置くことでフォーマル感が増します。クリスマスには雪だるまやサンタクロースなどのガーデンスティックを立てて楽しみ、お正月前には干支や凧などに取り代えて再度楽しみます。

ガーデニング初心者におすすめ!秋から冬に楽しめるパンジーとビオラ

パンジーやビオラは秋から冬の花の少ない時期を、明るいベランダや庭に変えてくれるありがたい花です。

初心者向けの花とはいえ、アイデア次第でオシャレに演出できますので、ガーデニングの初めの第一歩はパンジーやビオラがお勧めです。