8-1

女性に多い貧血。実に女性の半数は、貧血というデータもあります。

しかし、男性も侮ってはいけないのです!

男性でも20%が貧血といわれており、しかも恐ろしい病気の前触れであることも…!

ここでは、気になる貧血の症状、潜んでいるかもしれない病気について、ご紹介します。

 

こんな症状が出たら、貧血のサインかも!?

貧血とは、血液が少なくなってしまい、体に酸素がうまく運ばれず、全身が酸素不足になってしまうことです。

そのため、貧血の症状は全身に現れます。

  • 疲れやすい
  • めまい
  • 動悸や息切れがする
  • 頭痛、肩こり
  • 顔色が悪い
  • 下まぶたの裏が白っぽい
  • 口の端が切れる、口内炎
  • 爪が割れやすくなったり、ラインが入ったりする
  • 運動中にけいれん、胸痛の症状が出ることがある

 

スポンサードリンク

 

なぜ男性の貧血は危険なの?

8-2

女性は生理や出産などで血液を失う機会が多く、貧血になりやすいのです。

そのため女性の貧血はほとんどが、鉄欠乏性貧血、つまり鉄分不足です。

しかし男性は、血液を作る指令を出す男性ホルモンを多く持っているため、本来貧血になりにくいもの。

それで、男性の貧血は鉄が欠乏しているのではなく、消化器官からの出血を疑うことになります。

 

男性の貧血の裏には、こんな病気が潜んでいるかも…!

男性の貧血は消化器官からの出血、ということで、この場合疑われるのが、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、大腸ポリープ、大腸がんなど。

これらの病気によって、臓器内で出血しているため貧血になっていることが考えられます。

それで、男性で貧血の自覚症状がある人は、便の潜血検査を受けることをおすすめします。

また、便の色にも注意するようにしてください。

真黒な便(タール便)や赤褐色の便が出たり、便に血がついているときは、すぐに病院に行き、精密検査をお願いしましょう。

 

軽く見てはいけない貧血、特に男性!その気になる症状と、潜んでいるかもしれない病気

貧血の症状は全身に現れますが、多いのが、疲れやすい、めまい、息切れ、口内炎などです。

男性は鉄分不足での貧血になりにくいので、貧血があったとき、消化器官からの出血を疑います。

消化器官からの出血で多いのが、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、大腸ポリープ、大腸がんなどです。