3-1

大人になると、腹の底から大笑いする機会って、若いころに比べて減るような気がします。

確かに年齢を重ねるとあまり笑わなくなる、という調査結果があります。例えば、小学生ですと1日に300回近く笑いますが、70代ですと1日に2回、という報告もあるそうです。

でも、笑うって行為は美容にもとてもいいのです!

ここでは、笑顔の美容効果をご紹介します。女性の皆さんは積極的に笑顔でいることでこんなにいいことがあるって、目からウロコです!

 

笑うと表情筋を鍛えることができ、シワ防止になる!

顔全体を使って笑った時、自分では意識していなくても顔の筋肉(表情筋)はフル活用されているのです。笑顔はまさに表情筋の「筋トレ」!それで、笑顔の回数が多ければ多いほど、表情筋は鍛えられてシワやたるみを防止する効果があります。

笑顔を作るときは「微笑み」のような少しの笑顔ではなく、顔全体の筋肉をしっかり使ったようなイキイキとした「笑顔」を作るように心がけましょう。

 

スポンサードリンク

 

自律神経のバランスが良くなるので、よく眠れる!

3-2

夜ベットに入ったのになかなか眠ることができない…そんなことありませんか?

それは、交感神経が優位になって体が緊張モードになってしまっているからです。

人は心から笑う時に、リラックスモードになる副交感神経が優位になります。つまり交感神経からスイッチが切り替わるわけです。そこで、よく笑って交感神経と副交感神経を適度に刺激すると、両者のバランスが整い、正常に機能するようになります。そうなると、夜はゆっくりと眠ることができるようになり、朝もすっきりと目覚めることができるようになります。質の良い睡眠、これは美肌作りの基本です!

 

ストレスホルモンを抑制し、女性ホルモンを整える!

常にストレスにさらされていると、ストレスホルモン「コルチゾール」というホルモンが分泌されますが、これは私たちに嬉しくない働きをします。老化の促進、食欲を増進させる、お腹に脂肪をつきやすくする、など女性には大敵!さらに女性ホルモンの分泌を阻害してしまうので、肌トラブル、月経不順などを引き起こすこともあります。

笑顔は、この「コルチゾール」の値を大きく下げることが分かっていますので、積極的に笑顔を作って女性ホルモンの分泌を整えていきたいものです。

 

笑いってこんなに美容効果があった!積極的に笑っていたい理由!

笑顔で表情筋を鍛えて、シワ、たるみの防止に!

よく笑うことで自律神経のバランスが整い、美肌の基本、質の良い睡眠を持てるよう助けてくれます。

笑いはストレスホルモンを抑制し、女性ホルモンを整えます。