higasa_woman

突然ですが、「紫外線アレルギー」というのをご存知ですか?

紫外線アレルギーは、別名「日光過敏症」「日光性皮膚炎」とも呼ばれます。

紫外線を浴びることによって皮膚に炎症が起きて湿疹、赤みや腫れといった症状を引き起こし、ひどくなると水ぶくれやじんましん、吐き気や頭痛を伴うこともあるアレルギーです。

なぜ紫外線アレルギーになってしまうのか

原因には外因性と内因性の2つがあります。

紫外線を浴び続けることによって、紫外線に対する体の限界値を超えてしまうことによる原因や、服用した薬や日焼け止めに含まれる成分によって引き起こされたり、さらには遺伝によるものや白血球が少なくなっているという原因もあります。

スポンサードリンク

紫外線アレルギーの予防法

一度なってしまうと治るのは難しい病気です。夏には長袖長ズボン、サングラスに帽子などなど徹底的な予防をします。

肌に負担をかけずに紫外線予防をするなら、紫外線錯乱剤を使ったクリームを使用すると良いでしょう。

また、食べ物にも紫外線を吸収するものがあるので注意です!

例えば、キュウリ・レモン・オレンジ・グレープフルーツなどが特に多く、その成分はソラレンと言います。食材を買う時には要チェックです!

知らない間になっている!?紫外線アレルギーの予防法とは?

1番大事なのは自分の肌に合う日焼け止めをきちんと塗って遊ぶことです。

また、紫外線アレルギーになってしまったら迷わず皮膚科に行きましょう。

かゆみが出た場合、我慢しても意味が無いので早急に皮膚科に行って楽になりましょう!

また、アレルギーが起こるのは免疫力低下が原因とも言われています。免疫力を付ける為に、ビタミンDを摂ることがおすすめです!