15-1

口内炎があると、食事を楽しめず、コーヒーを飲むのも辛いですよね。

それが舌にできてしまったら、辛さが倍増!

舌を少し動かすたびに痛みを感じて、しかも、いつも使う器官なので治りにくいものです。

原因にはどんな病気があるのでしょうか?簡単にできる予防法は?

ここではそんな疑問にお答えします。

舌の口内炎の原因となる病気は?

口内炎の原因となるものは、舌にもできてしまう可能性があります。

  • アフタ性口内炎…円形、または楕円形のできもの。口の中のどこにでもできます。口の中を噛んでしまってそこから細菌が入ったり、口の中の粘膜が弱ったりしてできます。
  • ヘルペス性口内炎…ヘルペス(単純疱疹)が原因となっている感染症で、このウィルスが口腔内に影響して、舌にも水泡状のものができます。
  • カタル性口内炎…歯の接触、やけど跡、矯正器具との物理的接触で、口の中に赤い斑点ができたり、白くただれたりします。
  • カンジタ性口内炎…カンジダという口の中にいつもいる真菌が、通常よりも増えてしまって、白い苔のようなものが舌にできます。

原因はそれぞれですが、ストレスや過度の疲労で体の抵抗力が低下することは、すべての病気に大きく影響しています。

スポンサードリンク

舌の口内炎に似ている、舌ガンの初期症状!?

15-2

口内炎は大体10日程度で治りますので、2週間以上治らないような舌の口内炎には、もしかしたら他の原因があるのかもしれません。

舌ガンの初期症状は、口内炎と区別がつきにくいので、次のような症状が2週間以上続く場合は、口腔外科に行きましょう。

  • 2週間以上治らない舌の口内炎
  • 口内炎が舌のいつも同じところにできる
  • 舌にしこりができている
  • 舌にしびれを感じる

口内炎の完治のために、続けたい予防法!

口の中を清潔に保って、口の中の細菌の繁殖を抑えることが、口内炎を予防する一番の方法です。

口を清潔に保つのに効果的なのが、殺菌成分入りのうがい薬でうがいをすることです。

毎食後、就寝前に行うと効果的です。

また、歯をきちんと磨くのはもちろん、デンタルフロスで歯間の汚れも丁寧に落としましょう。

体の抵抗力を回復させるために、早めに就寝し、体と心を休ませましょう。

軟膏を塗る時は、食後の歯磨き後にします。

薬をガーゼに塗り、舌の口内炎の部分に貼って、30分くらい置いて、取ります。

 

痛くて、つらい、舌にできた口内炎…!原因となる病気は?もしかしたらガン!?簡単にできる予防法!

舌にできる口内炎は、口にできる口内炎と同じことが多く、アフタ性口内炎、ヘルペス性口内炎、カタル性口内炎、カンジタ性口内炎などがあります。

舌ガンの初期症状は、口内炎と似ていることがありますので、2週間以上しつこく治らない口内炎、舌にしこりがある場合は、口腔外科を受診しましょう。

口の中を清潔にして、細菌の繁殖を抑えるのが一番ですので、毎食後、また就寝前に、殺菌作用のあるうがい薬でうがいしましょう。