4-2

とにかく汗が止まらない、夏。この時期は外出に、汗を拭うタオルやハンカチを持参するのは基本ですよね。でもこの”乾いたタオルで汗を拭く”行為が、汗には逆効果!しかも、臭いの原因にもなってしまうのです。

こちらでは、正しい汗の処理法を見てみましょう。

 

汗を乾いたタオルで拭くのがいけない理由

わたし達が暑いときに汗をかくのは体温調節のため、というのはよく知られていると思います。気温が高いところにいると、体温が上がってきますので、体は体温を下げようとします。それで、汗を出して体の熱を外に出そうとするのです。このとき、わたし達がするのは、出てきた汗を乾いたハンカチ、タオルで拭うこと。しかし、この行為、体が体温を下げようとして出した汗を肌からとってしまう行為ですので、体はさらに汗を出して体温を下げようとします。つまり、さらに汗が出てきてしまい逆効果となってしまうのです。

 

スポンサードリンク

 

大丈夫?制汗剤の間違った使い方していない?

4-1

汗を抑える目的で使う制汗剤ですが、こちらも使い方に注意しましょう。スプレータイプのものを汗のにおいを抑える目的で一日に何回も使ったり、肌の近くで当てすぎると、逆に、ワキガの原因ともなるアポクリン腺を刺激して、余計ににおいが気になってしまうことも…!制汗剤を使うときは、汗をかく前に使いましょう。日中使うなら、汗をウェットティッシュなどで拭きとってから、使うようにしましょう。

 

汗を拭くときは、濡れタオル、もしくは汗ふきシートがベスト!

確かに濡れタオルで体を拭くとさっぱりしますが、なぜ濡れタオルが汗を拭うのにいいのでしょうか?汗のにおいの原因になるのは、肌についている雑菌。濡れタオルは、肌のべたつきや臭い、そして雑菌をふき取ってくれるのです。乾いたタオルでは、これはふき取ることができません。

濡れタオルを持ち歩くのは難しい、というのであれば、市販の汗ふきシートも便利です。体中これで拭くと、さっぱりして気持ちもいいですし、汗の臭いもしっかり防ぐことができます。

 

夏の正しい汗の処理の仕方知ってた?これを間違えるとかえって臭い人になってしまう!?

乾いたタオルで汗をこまめに拭いていると、かえって汗が止まらなくなってしまいます。

制汗剤は一日に何度も使うのをやめて、朝に一回、もしくは汗をウェットティッシュで拭いてから使いましょう。

汗を拭くとき、濡れタオル、汗ふきシートを使うと肌のべたつき、雑菌をふき取ることができます。