9538c51a96c677d5baf9887ffad38b24_s

便秘は誰でも悩む病気ですが、便秘と言ってもいろんな種類があります。

今回は便秘の種類ごとに原因を紹介したいと思います

一時的に起きる急性便秘

急性便秘とは誰にでも経験がある便秘の一種となっています。

大腸の動きが鈍くなり起きる便秘症状です。

原因としては、体内の水分不足により起きる症状・環境の変化などにより起きるストレスからくる症状・ダイエットなどにより食生活が偏ったり、少なくて起きる症状・腸の動きが悪くなり起きる症状となっています。

多くの場合は自然に治る症状ですが、規則正しい生活をすることで急性便秘の再発を抑えることができます。

スポンサードリンク

日常的に起きる慢性便秘

慢性便秘とは急性便秘と違い数日間排便ができない状況が日常的に起きる症状です。

特に女性やお年寄りに起きやすい症状と言われています。

慢性便秘にもケースがいくつかあります。

一つは大腸の動きが悪くなり、また排便をする筋力が低下して便を出す力がなく起こるものです。

一つはストレスにより自律神経の乱れから腸の動きが悪くなり起きる症状です。

また、薬の乱用により便秘と下痢を繰り返す場合もあります。

そして、最後の一つは便が排出される直前まで出ているのにも関わらず、脳に排便をする指令がいかずに排出することができない症状です。

こちらのケースでは便意を我慢したり、浣腸の乱用によって起きることもあります。

 

そのほかの病気により引き起こす医原性便秘

この便秘症状は、薬の服用により起きる便秘です。特にこちらの医原性便秘はがん患者さんに起きやすい病気です。

というのも、抗がん剤を使うがん患者さんは自律神経が乱れて腸の動きが鈍くなります。

そのために起きる症状です。

その他にも薬を多用して起きる場合などもあります。

 

みなさんも当てはまる症状はありますか?

健康的に過ごしていくためにも少しでも便秘を知っていただければと思います。

 

慢性的な便秘の場合は、毎日の青汁を飲むのが効果的です。今の青汁はCMで言われるようにまずぐなく美味しく飲めるものが開発されています。

「やまだの青汁30」