引越し1

ご主人の転勤などで、引っ越しすることになり、荷物をまとめなくてはいけない!

でも、物がありすぎて、何から手を付けていいかわからない…!

でも何から箱詰めしたらいいのか、コツさえつかめれば、手際よく荷造りできるんですよ。

ここでは、引っ越しの荷造りのコツをご紹介します。

これで引っ越し前に、バタバタあわてなくても済みますよ!

まず使わないものから箱詰めは常識!その注意点!

季節外れでしまってある洋服、しまってある本、保管してある写真、など押し入れに保管してあるようなものは、箱詰めしても日常生活に支障ありませんから、まず箱詰めしていきましょう。

その際、段ボールの大きさに違いがあるなら、洋服などまとまっても軽いものは大きいダンボールへ、本、食器など重いものは小さめのダンボールに入れるようにします。ダンボールひと箱が重くなりすぎて持ち上げられない、ということを避けられます。

その時、箱に内容物を書いておく、もしくはどこで使用するものかわかるように書いておきましょう。

これをしておかないと、引っ越し後すぐに使いたいものが新居で行方不明、ということになりかねません。

スポンサードリンク

食器、調味料の梱包の仕方!テレビ、ステレオのコードのまとめ方!

引越し2

皿は新聞紙で一枚ずつくるんで、縦に段ボールに入れていきましょう。

箱に「割れ物注意」と記入するのを忘れずに!

調味料などの場合、開封してあるなら、液漏れ防止に口の部分にラップをして輪ゴムで止め、ビニール袋に入れてから箱詰めします。

ダンボールには「天地無用」もしくは「逆さま厳禁」など書いておきましょう。

また、今は家電に色々なコードが付いているもの。

家電に詳しい人はいいと思いますが、後で配線に苦労しそう…という方は、白のカラーテープをコードに張り付けて、「これはどこのコード」ということを記入しておくと、後でわかりやすいです。

冷蔵庫、洗濯機はどうする?すぐに使いたいものは?貴重品の管理は?

冷蔵庫は前日までにコードを抜いて、霜取り、清掃を済ませておきましょう。

洗濯機も中を良く乾かし、水抜きしておきましょう。

冷蔵庫、洗濯機、大きい家具などは後で動かすのは大変なので、あらかじめ家の間取りを見て置き場所を決めておき、搬入前にきちんと業者の人に伝えておきましょう。

引っ越してすぐに入用なものってありますよね。

例えば、掃除用具、洗面用品、化粧品、トイレットペーパー、工具など最後まで使って、引っ越し後すぐに使いたいものです。

そういうものは一つにまとめて箱に詰めて、すぐに取り出せるようにしておきます。

言うまでもなく、引っ越し中は細かいところに目が届きにくくなるもの。

貴重品(通帳、お金、貴金属類)は荷物と一緒に梱包せず、必ず自分で持って行きましょう。

どこから手を付けていいかわからない、引っ越しの荷造り!きちんとコツをつかめば何とかなる!

まず使わないものから片付ける!重いものは小さいダンボールへ詰める!

箱には内容物、もしくはどこで使うものかを記入しておく。「割れ物注意」「逆さま厳禁」などの注意事項も忘れずに!

大きい家具、家電は設置場所をあらかじめ決めておき、搬入前に業者さんと打ち合わせしましょう。

貴重品は自分で持って行くこと!