アマゾン返品

本だけではなく、日常生活のあらゆるものがそろう一大ネットショッピングモールのAmazon(アマゾン)。

現在日本人の生活になくてはならないものになりましたね。

楽天同様活用している方は多いと思いますが、実際ショッピングに利用したとき、「家に届いて実物を見たらイメージと違った」「箱がへこんでいたのでプレゼントに使えない」などのトラブルに直面した時にどうしますか?

ここではAmazonでのショッピング利用時の返品方法について調べてみたいと思います。

Amazon(アマゾン)で購入したもので返品できるものとできないもの見極め方

Amazon ショップ内で購入したものなら、返品受付センター画面でAmazonの返品ポリシーにより交換不可となる場合は、返品・交換不可と表示されるようになっています。

ギフト券やダウンロード音源が対象となるようです。

返品ポリシーも商品カテゴリによって異なります。

洋服などなら「商品到着後30日以内で未使用の商品または試着された商品」は送料や代金ともに返金してもらえるようです。返品するなら必ず30日以内に連絡しましょう。交換期間である30日を過ぎると、返金額が20%減額されます。

トラブル・不具合がある場合は、カスタマーサービスに連絡しましょう。

問題は、Amazonマーケットプレイス内のショップで購入した場合はAmazonは一切関与してくれません。ショップとの交渉になるので注意しましょう。

※Amazonマーケットプレイスの出品者が販売しAmazon.co.jp が発送する商品の返品および返金はAmazon.co.jp のポリシーに準ずるそうです。

スポンサードリンク

Amazon(アマゾン)で購入したもので原則返品できないもの

アマゾン返品1

まず、「食品&飲料」です。トラブルや不具合による返品・交換を除き対応不可となっています。そのほかについては「Amazonギフト券」「ダウンロード商品全般」「Amazonビデオ」など。

実物がイメージと違った場合は、筆頭は洋服など身につけるもので発生しやすい「イメージ相違」。

試着不可となっていなければ30日以内なら全額返金してもらえます。イメージと異なることがどうしても起きてしまうネットショッピングでは助かりますね。

また、Amazonマーケットプレイス内のショップで購入した場合それぞれのショップの「返品の決まり」に従ってください。しかし、「Amazonのポリシーに準ずる」旨の記載があるならば、Amazonから直接買った場合の返品ポリシーが適用されます。

Amazon (アマゾン)で購入したものでも返品できるものとできないもの

返品は必ず商品到着後30日以内を目安に相談するようにしましょう。

返品ができない商品の筆頭はダウンロードコンテンツです。また、購入先がAmazonなのかマーケットプレイスなのかで返品ポリシーが違うことも忘れずに。