メルカリ1

最近大人気の簡単に利用できるフリマアプリ「メルカリ」。

なんと現在平均して毎日10万品以上が出品され、ヤフオクなどのオークションより簡単に出品できるとあって、利用者は増加の一途をたどっています。

スマホにインストールすれば簡単に利用できます。代金ののやりとりはメルカリが仲介し、商品が届いてから出品者に振り込まれる仕組みになっています。

オークションと異なり必要がなければ相手とやり取りしなくても済むシステムも好評のようです。

メルカリ(mercari)で商品を購入したいと思ったら

商品ページの「購入手続きへ」を選択して支払い方法の選択をすればよいだけです。

クレジットカードや各スマホ会社決済、コンビニ払いが利用できます。

スポンサードリンク

メルカリ(mercari)で売るコツは出品物を常にTOPに載せる事

メルカリ2

出品する立場になった時、最初のうちはTOPページに載せてくれていたのに、しばらく期間が経つと見えなくなります。

ユーザー数を考えればTOPからすぐに下がっていくことは仕方がない事。

まず新規出品を優先的に表示させ、後はランダムでメルカリがセレクトした出品ページをTOPへアップしていくしくみになっているようです。

同品複数出品は違反行為になりますが、再出品はルール違反ではありません。

タイミングを見て元の商品を削除して再出品しましょう。

いやな落札者(出品者)に報復評価はできる?

メルカリ3

メルカリの出品者購入者への評価は「良い」「普通」「悪い」の3つの選択肢しかないので、よほどのことがなければ「良い」を選択することが多いでしょう。

しかし、「良い」とつけたくないと考えるケースも残念ながら発生してしまうようです。

以前メルカリでは、購入者が商品を受け取って評価をしたあとで、出品者が購入者を評価する、としていました。

しかしこれでは購入者がよくない評価をつけたら、同様に出品車が悪い評価をつけるといういわゆる「報復評価」が起きてしまいます。

そのせいなのか、現在は取引完了後に出品者購入者のお互いの評価を同時にドン!と表示する仕組みになっています。ネットの世界とはいえ人間同士の取引の中、やはり色々あるようです。

話題メルカリ(mercari)で稼ぐ!ルールと売れるコツ!

同品複数出品は違反行為だが、再出品はルール違反ではないことを踏まえて、タイミングをはかって再出品がトップページに自分の商品を置くコツ。

また、評価はよほど問題がなければ「よい」にしておくのが暗黙のルールのようです。