飲み物

日常生活の中で缶に入ったジュースを買って飲んだり、ペットボトルのお茶や飲み物を持ち歩いて飲んだりしますよね。

飲み物にはお茶やジュース、炭酸飲料などたくさんの種類がありますよね。

種類もそうですが、飲み物が入っている容器もさまざまな形がありますよね!

なぜ、さまざまな形の容器があるのでしょうか?

どの飲み物にどういった形の容器なのか?

前述でも述べたとおり、飲み物によってさまざまな容器がありますよね。まず基本的にどういう飲み物がそれぞれどのような容器なのか思い出しながらおさらいしてみましょう!

缶の飲み物のイメージだと主にコーヒーが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか?

缶の形状には四角のような形状はなく、飲み物の缶はすべて丸い形状のものばかりです。

それに対してペットボトルは、炭酸飲料はそこが丸い形状の容器がほとんどですよね。

また、炭酸の入っていないジュースだったりお茶などは、炭酸飲料のペットボトルと比べると丸い形状ではなく四角い形状であることが思い出されますよね!

では、こうした容器の形状はどういった意味などがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

飲み物の容器の形状にどういった意味があるの?

自動販売機

なぜ、缶やペットボトルはあのような容器なのでしょうか?

缶は丸い形状の容器なのは、主に強度の問題のためにあのような容器の形になっているのだそうです。

ペットボトルも共通して強度の問題で丸い形状の容器なのですが、物理的に言うと、基本的に丸い形状はもっとも衝撃に強い形といわれています。

特に炭酸飲料の容器が丸い形状の容器なのは、ペットボトル事体強度が強くないうえに圧がかかっていて破裂してしまうのを防ぐために、衝撃に強い丸い形状の容器が使用されているのです!

また、炭酸飲料ではないジュースやお茶などは、スーパーやコンビニで買うものと自動販売機で買うものとでは容器に形がことなっていませんか?

スーパーやコンビニに置いてあるペットボトルの容器が主に四角いのは、商品名が見やすいようにするために四角い形のペットボトルが使用されているのです。

では反対に、自動販売機で売られているペットボトルは丸い形状なのか?

みなさんは自動販売機の補充の作業をしているのを見たことがあるでしょうか?

補充するとき、転がしながらそれぞれの場所にペットボトルや缶の飲み物を補充していますよね。

自動販売機のペットボトルが丸いのは、四角いペットボトルだと転がらないので中で転がりやすいように自動販売機では丸い形のペットボトルが使用されているのです。

最近では強度の問題もそうですが、キャップの開けやすさや持ちやすさなどといった強度以外の工夫も成されているそうです。

缶やペットボトルの形の理由

缶やペットボトルは、衝撃に耐えるために丸い形の容器が使用されている。

またペットボトルは、スーパーやコンビニで商品名が見やすいように四角い形のものを自動販売機では中で転がりやすいように丸い形のものがしようされている。