酔う赤くなる1

会社の同僚の飲み会や友人同士の飲み会など様々な場面で飲み会などがあります。

そういった宴会で顔が直ぐに赤い顔になる人人やぜんぜん変わらない人もいます。

楽しい飲み会で顔が赤くなってしまうと酔ってもいないのに、酔ってしまったと周りが思ったりしてしまうのです。

でも顔を赤くなりにくくなりたいものです。

顔が赤くなるのは健康的と言われてますが、実は逆だったりします。

お酒で顔が赤くなる原因は?

顔が赤くなる原因は幾つかあります。

  1. 遺伝によるもの

父方か母方のどちらかがお酒が弱く顔が赤くなったりすると、どちらかの遺伝されていることが分かります。

アルコールへの代謝が遺伝されるのです。

  1. 毒性をもったアセトアルデヒド

これは、アルコールが体内で分解されるときにできる毒性アセトアルデヒドの代謝が弱いと顔が赤くなったり頭痛がしたりします。

がんにもなりやすいです。この毒性アセトアルデヒドはがんのもとだったりします。

無理にお酒を飲んだりすると、食道がんや咽頭がんになりやすいといわれています。

スポンサードリンク

お酒を飲んだ際に顔が赤くなりにくい方法は?

酔う酒

  1. 空きっ腹にお酒を飲まないこと
  2. ウコンや乳製品をお酒を飲む前に飲食すること
  3. 牛乳などで胃に粘膜を作っておくこと
  4. オルニチンなどを飲み会前日に摂取すること

などがあげられます。

これらをすることによって、顔が赤くなりにくくなります。

顔が赤くなってもお酒を飲みたい

せっかくの楽しい宴会ですから、顔が多少赤くなっても飲みたいものです。

アルコール度数を下げて、ちょびちょび飲むといいでしょう。

季節や歓送迎会や同窓会など様々飲む機会はありますが、お酒を飲むとすぐに赤くなる方はなるべく控えた方がいいでしょう。

オルニチンは、アルコール分解を助ける働きがあります。多少は強くなるようですが飲み過ぎには注意してください。