一言で「貧血」といっても実はその原因は様々なのをご存知でしょうか。貧血とは血液による身体が感じる不調の症状です。血液がどのようなSOSを出しているかによって改善方法も変わってくるのです。

 

その1:貧血の3大原因とは?

貧血の原因とは、「鉄分の不足」「骨髄が血液を作らない」「体内での出血」の大きな3つに分けられます。貧血は血液中のヘモグロビンの減少により、体内が酸欠状態に陥ってしまう事から始まります。その原因が食生活なのか、臓器の不調なのか、内出血なのかによって自分で対策ができたり、すぐ病院に行って検査したりと対応が変わってくるのです。

スポンサードリンク

その2:女性の貧血の原因

貧血といえば女性に多いようなイメージがあります。それは妊娠期の赤ちゃんに血液を送る際に貧血の症状が多くなったり、月経や過度なダイエットなどによる鉄分欠乏貧血の症状が主だという理由があります。

その3、男性の貧血の原因

もちろん男性も貧血とは無縁ではありません。むしろ気をつけなければいけないくらいな
のです。男性の貧血の場合の原因は、「体内での出血」の可能性が高く、「胃がん、大腸ポリープ、大腸がん」が原因である事が多いのです。便の色がおかしいな等、異変を感じたらすぐに病院で検査を受けるようにしましょう。

 

まとめ:たかが貧血、されど貧血!

「貧血かな?」と思ったらむやみに放っておかない事が大切です!症状がゆっくり進む為、激しい立ちくらみやめまいなどでなければ安易に考えてしまいがちですが、その原因によっては命にも関わる事をしっかりと肝に命じておかなくてはいけません。