毎日のメイク落とし。

手慣れているので帰宅して流れ作業のようにやってしまいがちですよね。

でもメイク落としは肌に一番負担のかかるフェーズ。日々の積み重ねで蓄積したダメージがこの先の肌を決めることに。

今回は基本にして一番大事なメイクの落とし方をおさらいしてみましょう!

メイク落としバス

手を洗う

メイク落としの前準備として必要なのが手を洗うこと。

手についた雑菌は肌に良くないですし、手に汚れが付いたままクレンジング剤を使うと手の汚れに反応してメイク落としの効果が弱くなってしまいます。

スポンサードリンク

ポイントメイクを先に落とす

アイラインやマスカラなどのポイントメイクは専用のメイク落としを使って先に落としてしまいましょう。

ポイントメイクは汗や水に強く作られていることが多いので、クレンジングでベースメイクと同時に落とそうとすると、落ちにくくて擦ってしまったり、必要以上に洗浄力の強いクレンジングに頼ってしまったりしがち。

ポイントメイクとベースメイクはそれぞれ濃さ別にメイクを落とすことで肌への負担を軽減することができます。

またポイントメイク用のクレンジングで顔全体のメイクを落とそうとするのは負担が大きいのでNGです。

メイクマスカラ

ベースメイクの濃さに合ったメイク落としを使う

オイル、リキッド、クリーム、ミルクといった洗浄力の強さがメイクの濃さにあったものを使って落とすことがポイント。

洗浄力が強すぎると肌へのダメージに、弱すぎると落とすのに時間がかかって逆に肌の負担になってしまいます。

  • オイル…洗浄力が一番強い。がっつりメイクをする場合はオイルでするっと素早く落としてしっかり保湿をした方が肌への負担が少なくなる。
  • リキッド…オイルの次に洗浄力が強いのがこのタイプ。オイルの使用感が苦手で洗浄力を求める方はこのタイプがおすすめ。
  • クリーム…洗浄力は中程度。適度に水分を保って洗い流してくれるため乾燥肌の人にはおすすめ。
  • ミルク…洗浄力は弱め。乾燥肌、敏感肌の人にはおすすめ。メイクが残ると肌の負担になるので、がっつりメイクをする人には不向きなタイプ。

適量を守る

クレンジング剤の量は規定より少ない量を使ってしまうと、馴染ませる際に肌との摩擦が増え、乾燥などの原因になってしまうことがあります。

クレンジング剤の使用方法をよく読んで、適量を使うようにしましょう。

Tゾーンから馴染ませる

Tゾーンは皮脂の出やすい部分なので、まずTゾーンからクレンジング剤を乗せて指の平で優しく馴染ませていきます。

次に手のひらで頬、目もと口もとを最後に馴染ませます。

ぬるま湯で1分以内に洗い流す

水では油分が落ちにくく、お湯では油分が洗い流され乾燥につながるため、ぬるま湯(30~32度)がおすすめ。

クレンジング剤は肌に残ると、酸化し、シミなどの原因になるので洗い残しがないようにすることがポイントです。

タオルで汗メイク落ちる

流れ作業でやりがちなメイク落としのおさらい

  • メイクを落とす前に手を洗う
  • 落ちにくくて負担がかかりがちなポイントメイクは専用クレンジングで落とす
  • ベースメイクの濃さによってクレンジング剤を使い分ける
  • クレンジング剤は摩擦軽減のために適量を守る
  • Tゾーンから馴染ませて、1分以内に洗い流す