jiko_dorobou_window

年末になると里帰りなどで家を長期で空ける方が増えると思います。そんな多くの方が家を長く空ける時期、空き巣にとっては仕事のかきいれ時になるのです。

空き巣に好き勝手させない為にも、家を長期で空ける時のポイントを抑えて防犯につとめましょう!

空き巣対策のための7つのポイント

1.郵便受け

郵便受けに郵便物が溜まっているのは留守の証拠にもなります。また、郵便物には個人情報がいっぱい!新聞屋さん・郵便局に申請をして止めておいてもらいましょう。申請が難しい時には、信頼の出来るご近所さんにお願いして回収しておいてもらいましょう。

2.リビングの電気をつけておく

こうすることで、誰かが家の中にいるように見せる事が出来ます。電気メーターを見て留守かどうか判断する空き巣もいますが、そんな相手にも効果があります。

3.防犯カメラ・人感センサー

このどちらかを取り付けておけば、万が一盗まれたものがあっても犯人を捕まえる事が出来ます。また、最近ではダミーの防犯カメラも売られています。空き巣に仕事をさせる気を無くさせる事ができますよ!

4.洗濯物は取り込んでおく

ずっと同じ洗濯物が干してある事で留守だと思われないようにする為と、放火される可能性を考えて取り込んでおきましょう。

5.窓の防犯対策

窓には、

・補助錠を付ける

・防犯フィルムを貼る

・防犯ガラスに変える

というのがおすすめです!お金をかけられない方は、戸締まりをしっかりチェックして出かけてください!

6.家の周りに砂利を敷く

家の人がいないと効果がないように思われますが、これは空き巣の心理の嫌な部分を付いた対策で効果があります。

7.留守番設定はしない

留守番設定で「長期で空けます」と言うのは自爆行為です。それで長期留守にするのがばれてしまうので、要注意を!

スポンサードリンク

長期留守時の空き巣防犯対策って?

syugakuryokou_airplane

この防犯対策たちを守って安心して旅行に行ってきてくださいね!