1-1

最近、詰め替えが一般的になってきました。

シャンプー、リンス、ボディソープ、ハンドソープなどいろいろありますよね。

経済的、エコということで詰め替え用パックを使っている人がほとんどだと思いますが、詰め替えるときの正しい方法、ご存知でしょうか?

正しくない方法でボトルに詰め替えると、大変なことになってしまうんです!

ここでは、詰め替えるときの正しい方法、やってはいけないことをご紹介します。

 

詰め替えるときにやってしまいがちだけど、実はやってはいけないこと!

みなさん詰め替え用パックをボトルに入れるとき、どうしていますか?

水を入れて軽くすすいでから、詰め替えていますか?それとも中身が少なくなってきたら、ボトルを洗わずにそのまま詰め替えていますか?

これ、実はどちらもやってはいけないことなんです!

水が入ることによって、中身が劣化していくのです。

シャンプー、リンス、ボディソープ、ハンドソープといったものは、水回りに置くことが多いので、容器やポンプを水洗いしなかったとしても、フタをきちんとしていたとしても、水が混入してしまう可能性があるのだそうです。

この水の混入が、商品劣化の原因になってしまうのです。

 

スポンサードリンク

 

水が混入してしまうと、爪の病気の原因になってしまうことも!

1-2

水がシャンプーなどの容器に混入してしまうと、雑菌が繁殖してしまうことがあります。

特に、浴室は温度が高く湿度もあるので、これが菌の繁殖を助けてしまうのです。

繁殖してしまう雑菌の一つが緑膿菌(りょくのうきん)です。

緑膿菌は生活の中で不通に存在する菌で、土中や台所などの水周り、そして人間の皮膚などに常在しています。

体が元気な時は、通常の雑菌と一緒で特に問題はないのです。

しかし、免疫力、体力が落ちているときには菌の繁殖力が強くなり、感染症の症状が出てしまうことがあります。

特に、爪にこの菌が感染してしまうと、爪が緑に変色するグリーンネイルと呼ばれる状態になってしまいます。

 

詰め替えるときの正しい方法!

まず、詰め替える容器ですが、中身を使い切ったらボトル、ポンプの部分をよく洗って、1、2日くらい置いてしっかり乾燥させます。

それから、浴室などの水が混入しやすい場所でないところで、詰め替えの作業をしましょう。

シャンプー、リンス、ボディシャンプーなどは、シャワーの下ではなく、できるだけ水のかかりにくいところに置くようにします。

ボトルを洗ってよく乾燥させる、という作業を考えると、詰め替え用のボトルは2本準備しておくと便利ですね。

 

詰め替えのシャンプー、リンス、詰め替えるとき正しい方法は?実はやってはいけないこととは?

詰め替えの時に、ボトルを水ですすいで新しいものを詰める、容器を洗わずに新しいものを詰める、どちらもやってはいけません。

水が中身に混入してしまうと、これが雑菌の繁殖の原因となります。

詰め替える容器を洗ってよく乾燥させて、それから新しいもの詰め替えます。ボトルは2本準備すると便利です。