12-1

様々なことが原因で、職場で上司から、取引先から怒られることってあります。

新人だからというだけでなく、年数がたっていても、役職についても、怒られる場面というものあるものです。そんな時、腹が立ったり、落ち込んだりするのは仕方がないことでしょう。しかし、社会人としていつまでも引きずっているのも、仕事に差しさわりがあるもの。

こちらでは、ストレスを和らげて立ち直る方法をご紹介します。

落ち着いて怒られた原因、その対処法をじっくりと考えてみる

ひどく怒られた時というのは、そのことで頭がいっぱいになり、他のことがなかなか考えられないものです。

でもそれだけでは物事は何も変わりませんので、まずは自分の気持ちを落ち着かせましょう。それから、自分がなぜ怒られたのか考えてみましょう。何が原因だったのか?なぜ相手はそれほど起こったのか?もしかしたら勘違いされているのか?

紙に箇条書きで書き出してみるのも、感情を別として状況を冷静に見るのを助けてくれます。

それができたら、次に同じ過ちを繰り返さないためにどうすればよいのかが見えてくるでしょう。

スポンサードリンク

怒った相手に感謝を伝えて気まずい雰囲気を解消!

12-2

怒られる、というのは期待の裏返しでもありますし、そこから学べることは多少なりともあるでしょう。

それで、怒られてしまった次の日には、自分から元気に挨拶して、「昨日はご指摘をいただきまして、ありがとうございました」くらいのことは、言えるようにしたいものです。これを言わないと、いつまでも気まずい雰囲気が続いて仕事がやり辛いもの。

周りにも余計な気を遣わせてしまうことにもなりかねません。社会人として自分は大人の行動をした!えらい!と自分をほめて、割り切って考えましょう。

好きなことをしてリフレッシュ!自分をかわいがってあげる

会社では気を張ってストレスを感じている分、プライベートでは自分の好きなことをして自分をかわいがってあげましょう。

お気に入りのカフェに行ってゆっくりとコーヒーを飲んで過ごしたり、海、山など美しい自然を見にドライブに行くのもいいですね。「つらかったね」「よくやっているよね!」「頑張った自分にご褒美!」そんな優しい言葉をかけてあげましょう。ストレスを和らげて、また力強く仕事に取り組んでいく力を得ることができます。

職場でひどく怒られた…。そんなときこそ頑張って!そのストレスを和らげて、立ち直る方法!

自分がなぜ怒られたのか、何がいけなかったのか、感情を抜いて冷静に考えて分析してみましょう。

怒られた相手に感謝の気持ちを伝えることで、大人の社会人である自分をほめましょう。

プライベートでは、自分の好きなことをして自分をかわいがってあげてストレスを和らげましょう。