鼻が慣れてしまうせいか自分では気がつきにくい家のニオイですが、これを一般的には「生活臭」と呼んでいます。

生活臭はその家ごとに異なり、不快なものもあれば、さほど気にならないものなどがあります。

そんな生活臭は、その家庭の環境に大きく依存しているため環境を変えることによって改善されるものでもあります。

いったいどのようなことに注意して生活臭を防ぐ環境作りをすべきなのか解説します。

生活臭を生み出しやすい環境とは?

部屋

生活臭は料理をする際の食材のニオイや生ゴミのニオイ、さらには靴に染み込んだ汗のニオイ、ペットのニオイなど様々です。

とくにタバコを吸う人がいる家庭では生活臭は一層強くなり、他人にとって不快な物になりがちです。

これらがニオイの原因になることはもちろんですが、それ以上に気をつけなければいけないことは、これらのニオイが部屋のなかに染み付いてしまうことです。

ニオイが染み付くことを防ぐことが生活臭を消すコツと考えていいでしょう。

生活臭を消すためにはニオイの原因を断ち切ることが一番効果的ですが、生活をしていくうえでそれらを断ち切ることは事実上不可能です。

そこで出来ることとして、まずは生活臭の原因を理解し、それらの原因に沿った対策を取ることが重要になります。

スポンサードリンク

生活臭の原因と対策

キッチン流し

生活臭の大半は調理や生ゴミの中心であるキッチンから生じます。

すなわちキッチン周辺の掃除を心がけて生活臭の発生源を断つことが肝要です。とくに注意すべき箇所は、生ゴミを入れているゴミ箱、排水口です。

ゴミの日まで生ゴミを入れておくゴミ箱や三角コーナーは、一晩だけでも雑菌が繁殖しすぐにニオイが生じます。

生ゴミは溜め込まずに、こまめに捨てるか、しっかりと水気を切ってからゴミの日まで袋に入れて冷蔵庫に入れておくのも効果的です。

生ゴミによる生活臭を防ぐ際に大切なことは、水気を切ることと温度を下げることです。

排水口もニオイが生じやすい場所の代表格です。排水口のパイプはS字状になっており、曲がっている部分に生ゴミと水が溜まります。これを放置しておくと不快なニオイが発生し、部屋全体が臭くなるのです。

そのため、排水口は可能な限り水を流して、少しでも生ゴミや古い水が溜まらないようにするといいでしょう。または、パイプ専用の洗剤を使って溜まった生ゴミを溶かしてしまうことも効果的です。

このようにキッチンを重点的に掃除することで、部屋に染み付く生活臭は大幅に改善可能です。とくに生ゴミ周辺と排水口を綺麗な状態にしておけば、カーペットやカーテンに染み込むニオイそのものを抑えられるのです。

キッチンの臭いに気になる方は、キッチンが原因の臭いをご覧ください。

生活臭を消すにはまずはキッチンから!

キッチン汚い

・生活臭の主な発生源はキッチン

・生ゴミと排水口周辺を徹底的に綺麗にしよう

・ニオイの定着を防ぐことが生活臭対策に繋がる

便利なサイト:生活臭の消し方.net