2-1

仕事中に休憩時間を取っておるんだけど、仕事の効率が上がらない…。そんなときは、休憩の仕方を見直してみませんか?ちょっとしたことを実践するだけで、仕事の効率をぐっと上げることのできる休憩方法があるのです。

ここでは、その3つの方法をご紹介します。

 

短い昼寝をする

仕事中、眠くて眠くて効率が上がらないってこと、だれでもあると思います。そんなときは、思い切って寝てしまいましょう。眠ることで脳がリフレッシュされますし、しばらく目を閉じることで目の疲れも解消です。これには科学的な裏付けもあって、米国のある調査では、昼寝を26分するだけで集中力が54%もアップする、という結果が出ています。しかし、仕事中に26分昼寝をするのは難しい…という人がほとんどだと思います。お昼休みにちょっと時間を取って、10分~15分くらいのお昼寝をしてみるのは、どうでしょうか?もちろん、タイマーをかけておくのを忘れずに!

 

スポンサードリンク

 

コーヒー&チョコレートで脳を覚醒させる!

2-2

仕事で使った脳をすっきりさせるには、チョコレートも効果的です。なぜなら、脳のエネルギーは糖分。チョコレートに含まれるブドウ糖は素早くエネルギーへと変換されるので、おすすめなのです。ただし、食べる量はほどほどに!

また、コーヒーに含まれるカフェインは脳の疲労を解消し、覚醒させて集中力をアップさせてくれます。コーヒー以外のに、紅茶や玉露にもカフェインが含まれていますので、コーヒーが苦手、という人はこちらを飲んでも同様の効果が期待できます。

 

席から立ち上がって、歩いてみる

もしできるなら、少し外出して散歩するのも仕事の効率を上げるのに役立ちます。日光を浴びながら軽く歩いていると、その運動効果で血液の循環が良くなり、体に溜まっていた老廃物、疲労物質が流され、疲労解消効果が期待できます。外に出るのが難しい、という人であれば、オフィスのフロアを歩き回るのもいいでしょう。

 

仕事をバリバリ行うために!休憩で実践するだけで、仕事の効率がぐっと上がる3つのこと

タイマーをかけて10分~15分くらい昼寝してみましょう。

コーヒーを飲んでカフェインで脳を覚醒し、チョコレートを食べてその糖分で脳にエネルギーを与えましょう。

席から離れて、外に散歩に行くか、オフィスの中を歩き回って気分転換しましょう。