4-1

震災や自然災害は、いつ来るかわからないものです。

災害は忘れたころにやってくる、とはよくいったもので、まさに寝耳に水。

普段からの準備がいかに大切か、ということを思い知らされます。

家に非常持ち出し袋は準備してある、という方も多いと思います。

こちらでは、その非常持ち出し袋にプラスして、女性が持っていきたい物をご紹介します。

 

まずはこれ!必須!生理用ナプキン、尿漏れパット

女性でしたら、月のものはいつ来るかわからないので、生理用ナプキンは是非準備しておきたいものの一つです。ガーゼ、脱脂綿の代わりにもなるので、傷の手当にも使えます。

また、避難生活での悩みの一つは、なかなか入浴できないこと。

どうしても下着が変えられないとき、生理用ナプキンをあてて、これを変えて何日かしのぐことができます。

ナプキンが手に入らないなら、尿漏れパットで代用できます。吸収力があり、匂いを漏らさないようになっていますので、いざという時に使えます。

 

スポンサードリンク

 

これもあると便利!ウエットティッシュ

4-2

災害の後は、水がないことが多いのですが、水がないって、電気がない以上にストレスです。

ちょっと何か洗おうとすると水がない…!毎日の生活で、以下に水を必要としていたのか思い知らされます。

そんな時に役立つのがウエットティッシュ!

汚れた手をきれいにすることができますし、入浴できない場合は体を拭くことも、顔を洗うこともできるスグレモノなのです。

オススメなのは、赤ちゃん用のお尻ふき。サイズも普通のものより大きいですので、枚数も多く、使い勝手がいいです。

 

それ以外にあると便利なもの、まとめて!

毛布、大判のストール

広い場所に設置されることの多い避難所、多くの人がいても、寒く感じることがありますので、暖を取ることができます。

また、周りを覆って目隠し、プライベート空間を作るのに役立ちます。

サランラップ

これもあると色々なことに使えて便利です。

水がなく食器が洗えないとき、お皿の上にラップを敷いて食事に使うと、お皿を汚すことがありません。

また、傷口に巻いて止血したり、腕をけがした時に腕を吊る布の代わりになります。サランラップを細く撚れば、ひもとしても使えます。

 

震災・自然災害で避難するときに、女性に役立つ持ち物とは?!

ウエットティッシュ、もしくは赤ちゃんのお尻ふきは、水がないときに助かります。

生理用ナプキン、尿漏れパット、生理用品として、また傷口の手当に。

毛布、大判のストール、サランラップもあると便利です。