9-1

子供の頃に、誰もが遊んだことのある折り紙。

紙一枚が折り方で色々な形になって、海外からも注目されている文化の一つです。

この折り紙、実はいろいろ活用できるのですが、その一つが、ラッピング!

ここでは、折り紙を使った色々なラッピングをご紹介します。

 

ラッピングに使うとかわいい折り紙、100均で購入できる!

せっかく可愛くラッピングするのですから、無地ではちょっと味気ないですよね。

そこで活用できるのが、100均から出ている折り紙です。

ダイソーでは、和風柄やフィルムペーパーの折り紙が売られています。

セリアでも、和風柄の他に、花柄、ドット柄、ポップ柄などの折り紙があります。

今までの折り紙の概念を覆してしまうような、このかわいいラインナップ!

人にあげるのがもったいない…と思ってしまいますが、いえいえ、たくさん買ってラッピングに使いましょう。

 

スポンサードリンク

 

小さいものを小分けにするときに便利!テトラ型ラッピング、キャラメル包み!

9-2

バレンタインの時に友チョコとして、学校や会社で義理チョコとして、チョコレートなどを小分けにしてみんなに配る時に、小さくかわいく包めるのが、このテトラ型ラッピングにキャラメル包みです。

テトラ型ラッピング

紅茶のティーパックみたいな形になります。

必要なもの

  • はさみ
  • セロテープ
  • ホチキス

キャラメル包み

その名の通りキャラメルと同じように包むのですが、折り紙を使ってこの方法で小さいものを包んでいくと、コロンとしてかわいいのです。

包みたいもののサイズで、折り紙のサイズをカットするとうまくいきます。

目安は…。

縦(包みたいものの長さ+厚み×2+1cm)、横(包みたいものを置いて一周した長さ+3cm

必要なもの

  • セロテープ
  • はさみ

 

板チョコをセンス良く包んでみる!

長方形のそっけない形の板チョコも、センス良く包めば、全く別物に見えますよね!

板チョコの外の紙をはがして、銀紙だけにします。

そして、折り紙で包んでいきます。長いほうの面から折って包んでいってセロテープで留めて、短い面を後で折って包んでいきましょう。

折り紙の長さが少しくらい足りなくて、完全にチョコを覆えなくても大丈夫です。

ラベルっぽいシールを貼れば、オシャレな外国のチョコレートに早替わりです。

自分で、メッセージを書いたラベルを作ってもいいですね。

 

折り紙を活用して、センス良くラッピング方法!プレゼントを可愛く贈りたいときに便利!

和風柄、ポップ柄、花柄などいろいろな種類の折り紙が、ダイソーやセリアで売っています。

テトラ型ラッピング、キャラメル包み、など簡単で、小さいものでも可愛くラッピングすることができます。

板チョコを、外国のチョコレートみたいに折り紙でセンス良く包んでみましょう。