20-1

借金の返済で困ってどうしていいかわからない…。そんな時に覚えておいてほしいのが、債務整理。法律に基づいて借金の額を減らして、借金で困っている人を再生させる方法です。一口で債務整理といっても、いくつか種類があります。そのメリット、デメリットを簡単に紹介します。

 

借金減額で返済が楽に!任意整理のメリット、デメリット

メリット

任意整理を弁護士、司法書士に依頼して交渉を始めると、債権者からの取り立てがやみますし、支払いもストップします。また、借金を利息減額法によって借金を再計算するため、借金が減額される可能性があり、また将来の利息はカットされることになる場合が多いです。

デメリット

借金の額は減りますが、その残りは3~5年かけて完済しなければなりませんので、借金をなくしたい人には向いていません。また、信用情報機関に掲載されますので、一定期間新規クレジットカードの発行、借り入れはできません。

 

スポンサードリンク

 

自宅を手放さずに借金返済!個人再生のメリット、デメリット

20-2

メリット

住宅ローン以外のすべての債務が対象になるので、借金を大幅に減らすことができます。また、家や自動車などの財産を手放さなくてもいいので、自宅に住み続けることができます。安定した収入があれば誰でもできる手続きです。

デメリット

住宅ローンの額は減りませんので、住宅ローンで困っている人には向いていない手続きです。また、しっかりとした再生計画を立ててこれに従う必要もあり、それには当然借金の返済計画に従うことも含まれます。また信用情報機関、官報にも掲載されますので一定期間新規クレジットカードの発行、借り入れはできません。

 

借金を整理して人生を再スタート!自己破産のメリット、デメリット

メリット

借金が帳消しになりますので、借金問題でそれ以上悩まされることはありません。取り立て行為も禁止されているので、安心して生活することができます。まさに人生の再スタートのための手続きといえるでしょう。

デメリット

財産を手放すのが条件になりますので、家、車などの高額な財産、預貯金など手放さなくてはなりません。官報、本籍地の市町村役場の破産者名簿に、一定期間名前が記載されます。また、保証人のいる債務については、保証人が支払うことになりますので、保証人のことも考えないといけません。信用情報機関に掲載されますので、一定期間新規クレジットカードの発行、借り入れはできません。

 

債務整理にはどんな種類があるの?それぞれのメリットとデメリットとは?

任意整理は、これからの金利がなくなり、借金の総額と毎月の返済額を減額できます。

民事再生は自宅などの財産を手放さずに、借金を大幅に減額できます。

自己破産は、借金を帳消しにして再スタートする制度です。