17-1

時代に関係なく苦しんでいる人が多いのが、借金。カードをやりくりして借金を支払って、また借り入れる、という悪循環に陥っている人も多いようです。

そんな借金地獄から救ってくれるのが「債務整理」。法律で定められた方法にのっとって借金を整理し、借金に追われる生活を変えることができるのです。

こちらでは債務整理についてご紹介します。

 

「債務整理」を簡単に説明します!

「債務整理」には3つの方法があります。

任意整理:今後の金利がなくなり、場合によっては過払い金が戻ってくることもある。

民事再生:借金を大幅に減額し、財産を手放す必要がない、個人再生ともいいます。

自己破産:借金の返済が不要になる。

借金問題を解決したい、と一言でいっても、色々な人がいます。借金を減らして完済したい人、借金をすべてなくしてしまいたい人、借金はどうにかしたいけど家を手放したくない人、など色々です。どの方法にもメリット、デメリットとありますのでそれらをよく比較考慮し、適切な方法を選ぶ必要があります。

 

スポンサードリンク

 

弁護士に「債務整理」をお願いしたい場合は、まず気楽に相談から!

17-2

そうはいっても自分では状況がよくわからない…。そんな時には弁護士に相談するのが一番!相談は無料で行っている事務所がありますので、そういう事務所を探して気軽に電話してみましょう。その人の借金の内容、資産、収入などを考慮して、最善と思われる「債務整理」の方法を提案してくれます。

 

弁護士に「債務整理」を依頼したときの相場はどのくらい?

物の値段のように値段がついているわけではありませんので、事務所によって若干異なるというのが正直なところです。しかし大体の相場がありますのでご紹介してみます。

任意整理ですと、着手金が債権者1社あたり3~5万円、報酬金は原則1社あたり2万円までです。減額報酬は減額できた借金の金額に応じて支払われ上限が10%と定められています。例えば50万円の減額に成功したら、減額報酬は最高5万円になります。

民事再生ですと、弁護士費用が30~50万円、自己破産ですと、弁護士費用が40~60万円となります。

 

借金を債務整理で解決したい!気になる弁護士に頼んだ時の相場はどのくらい?

「債務整理」には任意整理、民事再生、自己破産と3つの方法があります。

どの方法が自分に最適か見極めてもらうためにも、気軽に弁護士に相談してみましょう。

弁護士に債務整理を依頼したときの金額は、その方法、借金の額などによって複雑に変わってきます。