トイレ掃除

ちょっとほおっておくと、すぐに汚れがこびりついてしまうのが、トイレ。

気が付いたら、黄ばみ汚れ、黒ずみがしっかりついてしまい、ブラシでこすっただけでは落ちない、ということは皆さん経験されていると思います。

この汚れは頑固で、もう通常の掃除方法では落ちません。

しかし、それぞれの汚れに合った洗剤と道具を使うことによって、きれいにする方法がありました!

ここでは、トイレの頑固な汚れを落とす方法をご紹介します。

トイレの黄ばみ、黒ずみ汚れの原因

トイレの便器の黄ばみは、尿石の付着が原因です。

尿石は尿の成分が二酸化炭素と反応し、炭酸カルシウムが結晶したもの。この結晶がアンモニアなどを吸収してしまうので、トイレの嫌なにおいの素にもなってしまうのです。

トイレの黒ずみの原因は、カビなどの微生物、ホコリなどです。ここに水道水に含まれるケイ酸塩などが蓄積した水アカが付いてしまって、さらに落としにくくなってしまうのです。

スポンサードリンク

トイレの黄ばみ汚れにアプローチする掃除の方法!

トイレ掃除2

トイレの黄ばみ汚れはアルカリ性なので、掃除する時は酸性のトイレ用洗剤で中和させて汚れを落とすといいのです。

サンポールなどの塩酸が入った酸性の洗剤を使いましょう。

まず便器の水を抜きます。その後、汚れの部分に洗剤を吹きかける。

トイレットペーパーで汚れの部分をしっかり覆い、さらに洗剤を吹きかけましょう。30~1時間置いておきます。途中で乾かないように、何度か洗剤を吹きかけます。

トイレブラシでしっかりこすりましょう。

注意点をいくつか!目や顔に洗剤が入るのを防ぐため、マスクかタオルで顔を覆い、サングラスも忘れずに!また塩酸が入った洗剤を使う時は、十分に換気しましょう。

トイレの黒ずみ汚れに効果アリ!の掃除方法

トイレの黒ずみ汚れは酸性の汚れなので、アルカリ性の洗剤で中和させましょう。

ドメスト、強力トイレハイターなど、アルカリ性の塩素系クリーナーを準備します。掃除の手順は、黄ばみ汚れを落とす時と同じです。

酸性とアルカリ性(塩素系)の洗剤は混ぜることはできませんので、続けて掃除する時は、良く洗浄して洗剤をしっかり落としてから、次の作業に移ってください。

頑固なトイレの黄ばみ・黒ずみ汚れは、こうすれば落とせる!

  • 黄ばみ汚れは尿石が原因でアルカリ性の汚れですから、酸性の洗剤を使いましょう。
  • 黒ずみ汚れは、カビ、水アカなど酸性の汚れなので、アルカリ性の洗剤を使うと効果的です。
  • この方法で汚れが落ちない場合は、目の細かい1200番~1500番くらいの耐水ペーパーで汚れを削り落としましょう。