手荒れ1

主婦の方、一人暮らしをしていらっしゃる方はほとんどの人が毎日する食器洗い。

その中でも特に悩みが多いのが、洗い物による手荒れじゃないでしょうか?

考えてみれば、油汚れがスッキリ落ちるということは、水分を保護する手の皮脂までも落ちてしまうということなので荒れるのは当然なのです。

手荒れ対策に洗剤を変えてみたり、ゴム手袋をしてみたり・・・。

なのに全然良くならない!って方へ、知っておくべき手荒れの正しい対策をまとめました!

手荒れ対策;手袋編

ゴム手袋自体で手が荒れるっていう方もいらっしゃいますよね。

手袋に関しては、まず木綿の綺麗な手袋をした後にその上からゴム手袋をしてください。

少し面倒に思われるかもしれませんが、手荒れしてない方も荒れてしまう前にこうするのがベストです。

スポンサードリンク

手荒れ対策;洗剤編

 手袋をした上で、更に対策をするとなると洗剤です。

手荒れしないなどなど謳われている洗剤はありますが・・・

本当に荒らしたくないのであれば無香料の固形石鹸を使うと良いです。

合成洗剤というのは界面活性剤が入っています。

界面活性剤というのは、簡単に言うと水と油のように溶けにくいものを結びつけて溶けるようにするもので、これが油汚れをよく落とす秘訣なのです。

素手で触ることによって皮脂も一緒に落としてしまうので、荒れやすくなってしまうんですね。

手袋だけで荒れないようであれば、合成洗剤を使って問題はないと思います。

お勧めの手荒れ予防石鹸はコレ

手を荒らさず&汚れをしっかり落とす!高品質イタリアの洗濯用固形せっけん!しつこい油汚れに…

手荒れ対策;手洗い編

手洗いのしすぎもよくありません

ハンドソープで手を洗うのは、外出から帰った後やお手洗いの後などだけにしましょう。

ここでも手に優しい固形石鹸の方が良いです。回数が多い方は固形石鹸に変えてみてください。

手洗いが終わった後は、タオルで優しく包むように拭きましょう。

濡れたままだと荒れやすくなります。

手洗いの直後は、皮脂が落ちている状態になるのでハンドクリームでの保湿も忘れずに行いましょう。

洗剤を変えても良くならない手荒れの正しい対策は手荒れを起こす前に!

 すでに荒れてしまっている方はもちろんですが、まだ荒れてない方も実践することをオススメします。

肌のターンオーバー(生まれ変わり)は1ヶ月ほど。手にだってもちろんターンオーバー周期はあります。

一回荒れちゃうとしばらくは治らないので、早めの対策が必要になってくるんです。

手荒れのストレスとは無縁の快適な生活のためにも、今一度「手」について考え直してみましょう。