ダニ駆除方法1

季節によって、ダニが繁殖したりして、寝ているうちに噛まれたりして嫌な思いをしたりします。

ダニは、見えにくくわかりづらいのですが、ダニが繁殖しやすい環境となっているのです。

人と同じような共通点もあり、なかなか駆除できなかったりもします。

人と同じというのは、人が住みやすい環境であることです。温度20℃~30℃、湿度60%以上だとダニも繁殖しやすく住み心地がいいのです。

また、刺されたり噛まれたりするとアレルギーの原因にもなります。

ダニを駆除したいものです。

ダニはどうしてでる?

新居などは、ほとんどダニはいないです。人が住み始め生活するとダニも増えてきます。

昔の家や田舎の家などは、よく窓を開けきったりして換気をよくしていました。

その為、通風が通って家にダニは繁殖されない工夫がされていたのです。

最近では、高気密、高断熱などの住宅が増え、ダニもそういうところが住みやすい環境なので住み始めて繁殖します。

湿気をも好みます。

スポンサードリンク

ダニが出ないための対策

ダニ駆除方法2

ダニが住みやすい温床とするのは、温度が20℃~30℃で湿度が60%~80%だとダニが繁殖しやすいです。また、エサがあること人の髪の毛やフケなど。

繁殖しやすい絨毯や布団、毛布などがあります。

季節ごとにダニの種類があります。季節ごとにでるダニ駆除方法は、基本的にはさほど変わりありません。

  1.  部屋や埃が溜まりやすい場所など、こまめに掃除をすることと、アースノーマットやバルサンなどで駆除をしてしまうことが効果的です。
  2. 布団を高熱にする道具もあります。布団乾燥機で50℃くらいになりダニを駆除することができます。そして、掃除機で吸い込むだけです。

ダニの駆除には、どうする?ダニのいない環境を作るには?

常日頃からこまめに掃除したりして、ダニの温床となる布団や毛布もきれいに保てば、ダニも寄り付かなくなり、繁殖もしません。

部屋を一気にダニ駆除するなら、やはりバルサンやアースノーマットのようなもので駆除するといいです。

ダニの繁殖も防ぎ、ダニもいなくなれば快適な睡眠と生活ができますね。