スーツの洗濯1

スーツはクリーニングに出すイメージがあります。

スーツなど、家で気軽に洗えたらいいですよね。

スーツについているラベルを気にしながら、洗濯してもシワとかも気になりますし縮んだりするのではないかと思ったりします。

服のタグ表示って?

洋服にはそれぞれ、ラベルが付いてます。アイロンマークやドライや洗濯マークなど。洋服によって、使われているタグは違います。型崩れするものしないもの等々です。

スーツによっても手洗いマークやアイロン30ドライなどの表示があります。

それらの表示に合わせた洗濯をしないと、型崩れやシワになったりするわけです。よれよれのスーツなんて着ていたら、いい感じしませんし、心地よくないです。

スポンサードリンク

スーツは丸洗いできる?

スーツの洗濯2

スーツは、ついているラベルの表示を見て、手洗いマークがついていれば型崩れしないものです。

水洗いできるとラベルに表示されているもの以外はぎりぎり洗えますがアイロンで失敗します。

アイロンの表示が低い温度でなければ、大丈夫です。アイロン表示が30℃だった場合は多少、超えていても大丈夫ですが、乾燥機はだめですよという表示です。

洗濯の仕方によって、シワができたりするので、脱水で、軽く手で押しながら軽く絞り綺麗に畳んで洗濯槽に2分ほど沈めておいてからするといいです。

また、洗濯ネットに入れて弱水洗いコースにして脱水あまりしないようにすれば、洗濯機でも洗えます。

メーカーによっては丸洗いできるスーツもあります。

スーツは洗濯してもシワにならない?

ラベルの表示さえ守ってスーツを洗濯すれば、型崩れやシワにならないです

干すときも伸ばして干せば、シワにならなくて済みます。

洗濯する際、手洗いコースにするなら、洗濯用ネットに入れ、脱水前に一旦

とりだし畳んでから入れなおしてから脱水すると型崩れしなくて済みます。

クリーニングに出さなくても、自宅で洗濯できるので節約にもなります。