1-1

誰もが1,2足は持っている、スニーカー。

後回しにされがちなスニーカー洗いですが、定期的に洗わないと雑菌が繁殖して、ニオイの元となりますし、不衛生な状態になってしまいます。

スニーカーの正しい洗い方って、素材別で違うって知っていましたか?

正しくお手入れしてあげれば、スニーカーが長持ちしますよ!

ここでは、スニーカーの素材別の洗い方をご紹介します。

キャンバス製のスニーカーの洗い方

まず靴ひもをはずして、これは別で洗います。

スニーカーがすっぽり入るサイズのバケツに、ぬるま湯(40℃くらい)を準備し、そこに中性洗剤を入れ、スニーカーを浸して少し置きます。

こうすることで、汚れがほぐれ落としやすくなります。

その後洗っていきますが、布の部分、靴紐はブラシでこすっていきます。細かい部分は歯ブラシを使うと便利です。

ゴムの部分はこすりすぎると傷みやすいので、気になるようでしたらスポンジを使いましょう。

すすぎは、スニーカーの奥までブラシを使ってしっかりと行い、古タオルなどで水けをふき取ります。

スニーカーのゴム部分の劣化を防ぐため、日陰の風通しのいいところに、斜めに立てかけて干しましょう。

スポンサードリンク

合成皮革製のスニーカーの洗い方

1-2

基本的に、キャンバス製のスニーカーと同じ要領で洗うことができます。

しかし、素材の特性として洗うごとに表面が劣化してしまいます。

それで、軽い汚れの時は、濡らした雑巾で拭くだけにしましょう。

ちょっと頑固な汚れは、水で薄めた洗剤を雑巾に含ませてこすり、その後濡らした別の雑巾で洗剤をきれいにふき取ります。

本当に汚れてしまった時は、やわらかいブラシを使って、キャンバス製のスニーカーと同じように丸洗いできますが、靴を守るため洗剤液につけ込む時間は少しにしましょう。

天然皮革製(レザー)のスニーカーの洗い方

皮のスニーカーは、水洗いはできません。

それで、他のスニーカーよりもまめにお手入れをすることが必要になってきます。

皮専用のブラシか綿の布で土などの汚れを落としたら、皮革専用のクリームを布でスニーカーにのばし皮を保湿し、別の布(ストッキングがおすすめ!)で磨き上げていきます。

防水スプレーをしておくと、汚れを防ぐことができます。

汚れがひどい時は、皮専用シャンプーなどを使い、指示に従って水洗いするといいでしょう。

スニーカーの洗い方!素材別の洗い方って知っている?正しく洗えばスニーカーも長持ち!

キャンバス製のスニーカーはぬるま湯に中性洗剤で洗います。ゴムの部分は擦りすぎないように!

合成皮革製のスニーカーは洗うごとに劣化しますので、軽い汚れはふき取る程度にします。

天然皮革製のスニーカーは汚れは布でふき取り、皮用クリームで皮の保湿をすると長持ちします。