キッチン

毎日、料理や食べ物や茶わんなどを洗ったり調理したりする場所であるキッチンですが、汚れやすい場所でもあります。毎日、キッチンを掃除しても汚れがでてきてしまいます。毎日使用するので、油汚れや水垢ができてしまいます。

洗剤で簡単に掃除して汚れが落ちればいいのですがなかなか頑固な汚れもあり普通の洗剤では落ちないような汚れもあります。毎日使うところなのできれいに保ちたいです。

キッチン汚れの原因は?

1番汚れの原因は油汚れです。油を使った料理などをすると油が飛散してこびりついてしまい、埃と結合して錆のような色になります。落ちにくくなります。

シンクや水洗金具などについた水が乾いたものが白くなります。それが、水垢です。

水垢は、クレンザーやマジックリンなど使用しても落ちません。このように、酷くなる前にキッチンの掃除をして汚れを落としたいですね。

スポンサードリンク

キッチンの汚れを取る方法

キッチン汚れ

  1. 油汚れは、いろんな方法がでています。アルカリ洗剤を使用するといいです。固まった油はサラサラ油の状態になり、アルコールで拭いて落ちます。
  2. 水垢の汚れは、酸が効きます。酢酸だと酢臭くなるので、クエン酸を水に小さじ2杯入れ水垢に吹きかけます。少し待ちそれから拭き取るといいです。
  3. クレンザーは細かい傷がつくので重曹を使用するといいです。クレンザーと同じ効果があります。これだけですが、知っていると掃除するのも楽です。

キッチンの汚れは掃除できれいに

キッチンの汚れは掃除できれいに汚れ方によって、使う洗剤を分けて使用するといいです。

ただ、同時に使用すると効果がなくなります。打ち消してしまいます。いろんなものをそろえるのは大変かもしれませんが、100均で購入できるものもあります。クエン酸などもその一つです。毎日使用するので、きれいなキッチンで気持ち良く料理や洗い物をしたいですね。