カビ1

ゆっくりたっぷりとお風呂に浸かって疲れを癒し、明日への英気を養う・・・お風呂はとても気持ちいいものですね。

ところで、皆さんは、お風呂掃除はいつに行っていますか。あまり入浴してから時間がたってしまうと、タイルの目地や天井などにカビが生えてしまってその駆除に手間取ってしまうことも・・・そこで、入浴の後に、バスタブや浴室をさーっとシャワーで水をかけるのが効果的。

本当に、それだけで防止策になるのでしょうか。

そもそもカビはどのように発生する?

お風呂は、カビが大好きな要素がたくさんあります。まず、湿度。お風呂の後で湯気がたっていますからね。

つぎに、体を洗って、シャワーなどで流して飛散した石鹸や泡。そして、洗い流した、体から出た垢。これらもカビは養分にするのです。案外、浴室の隅に残っていて、気が付くと繁殖していることも、珍しくありません。

スポンサードリンク

お風呂に入った後に、すこーしだけ、一仕事

バスルーム1

そこで、入浴が終わった後に、ご家族で入浴する場合は最後の人が、バスタブの栓を抜き、シャワーで水をかけ、浴室もぐるりと回りながら水をかけていきます。

さらに、T字形の水きりで水を落としたり、乾いたタオルなどでよーくふき取ったりすると、効果はさらに大きくなり、カビがかなりつきにくくなります。もっとも、湿度は高いので多少汗ばむかもしれませんが、入浴の後そのままやってしまえば、バスタオルでそのまま体をふくだけですから、さっぱりあがれて掃除も出来て、一挙両得ですよ。

入浴の後のお掃除を、習慣にしよう

なんでも後に回してしまうのは、結構億劫になってしまうもの。シャワーで水を流す手間と、後からカビを除去する手間と・・・簡単な方を選んで、習慣にしてしまえば、楽に快適に過ごせること間違いなしです!

ちょっぴりの工夫、お風呂の後にシャワーをかけて、カビ防止!

  • 湿度や石鹸などの泡で、人の見えないところに結構カビは繁殖する
  • 入浴後にさっとシャワーで水をかけておいてそのままあがればとても楽である