8-1

「スマートドラック」という言葉、聞いたことありますか?頭がよくなる薬、と言われることもあります。試験勉強している学生、集中力がほしい社会人、気になりますよね。でも、「ドラッグ」というと、使うのはちょっと…というのが正直な反応かもしれません。ここでは、スマートドラッグにまつわる色々な疑問をご紹介します。

 

スマートドラッグとはなに?

簡単に言うと、頭がよくなる薬のことです。しかし、これを飲んだだけで勉強ができるようになったり、試験に合格できる、ということではありません。頭をすっきりさせたり、集中力を上げる効果があるのです。下記の3つの条件を満たしていることが必要です。

  • 用法を守れば、即死するような危険性がないこと
  • 副作用が出ても、服用を中止すれば元に戻ること
  • 生活の質(QQL)が向上すること

つまり、健康に害を及ぼすような危険な薬であってはいけないのです。

 

スポンサードリンク

 

なぜ「頭がよくなる」効果があるの?その仕組み

8-2

これには3つの種類があります。

1.脳内化学物質を調整するもの

脳が思考、記憶するときには”アセチルコリン”という神経伝達物質が働きます。「ピタセラム」というスマートドラッグはその物質の濃度を上げることで、脳機能を改善します。

2.脳の血流をよくするもの

脳が働くときに、必要な栄養物を運ぶのは血液。「ビンポセチン」というサプリは脳の血管だけに作用して、脳の血管を拡張し、脳への血液量を増やします。これによって脳の機能改善を図ります。

3.脳のエネルギーレベルを上げるもの

脳が働くときには、様々な物質が生成、分解されています。それらの物質のいくつかの生成(または分解)を早めることで、脳機能を改善します。有名なものではカフェインがあります。

 

「スマートドラッグ」としてつかえる!安くて安心なサプリメント・薬をご紹介

ピタセラム…上記の1の働きをする薬。アルツハイマーの薬として開発されました。”アセチルコリン”の脳内での消費量を増加させます。記憶力や注意力を向上させる効果があります。これと「コリン」というサプリを一緒に飲むのが効果的。

ビンポセチン…2に対応します。アメリカなどではサプリメントとして販売されています。比較的安価で効果がある、ということで好んで飲んでいる人が多いです。

カフェイン…3のスマートドラッグですが、これはコーヒーを飲むことで取り入れている人も多いでしょう。錠剤やサプリになったものも多くあり、比較的手に入りやすいスマートドラッグでしょう。依存症にならないように注意が必要です。

 

頭がよくなる薬「スマートドラック」ってなに!?サプリメントで試してみよう!

スマートドラッグとは、頭の良くなる薬。集中力を上げたり、頭をすっきりさせます。

スマートドラッグは脳内物質に働きかけたり、脳の血流をよくすることで脳の機能改善を図ります。

スマートドラッグは比較的副作用が少ないものですが、用法、用量を守らなければ危険なので、安易に飲み合わせたり、用量以上に摂取するのはやめましょう。