6-1

気温が上がってくると現れる蚊。毎年のことなのですが、刺されたときの、あの耐え難いかゆみはやっぱり嫌ですよね。しかも、最近は蚊が媒介する病気、デング熱、ジカ熱などありますから、蚊に刺されないように気を付けるに越したことはありません。

ここでは蚊の効果的な撃退方法をいくつかご紹介します。

 

扇風機をつけるように心がける

以外ですが、蚊を寄せ付けないようにするのに扇風機はものすごい威力を発揮してくれるのです。

これは室内でも、屋外でも同じ。扇風機をずっと回し続けることで、蚊に刺されなかったそうです。

これには2つの理由があります。

蚊の飛行能力は約時速2.4㎞と低いので、扇風機の風を送り続けることで蚊は人によりつけなくなります。また、蚊は人の熱と体から出される二酸化炭素の匂いを毛状感覚子という器官で感知して、人に近づいていきます。扇風機の風はこの毛状感覚子の働きを混乱させることができるので、人に近づけなくなります。

扇風機を回せば涼しくなるのでまさに一石二鳥、使わない手はありません。

 

スポンサードリンク

 

汗はこまめにふき取る

6-2

蚊は汗のにおいが好きなので、汗をかいてそのままにしていると蚊が寄ってきてしまいます。

それで、こまめに汗を拭いてにおいのもとを断つことが大切です。制汗剤を使うこともできますが、汗ふきシートなどで汗を拭きとってしまうほうが、においのもとを断つ、ということでおすすめです。

 

エッセンシャルオイルを使って蚊の嫌いな香りを身にまとう

虫よけスプレーを使うと、成分が心配…。そんな人に、アロマスプレーを虫よけとして使うことができます。エッセンシャルオイル(精油)自体には蚊よけ効果はありませんが、蚊の嫌いな香りのするエッセンシャルオイルを使うことで、蚊よけの効果があるのです。ローズゼラニウム、レモングラス、カモミール、ローズマリー、ティーツリーは効果があるとされています。

アロマスプレーの作り方は簡単!

ビーカーにホホバオイル5ml入れ、そこにエッセンシャルオイル10滴を加えよく混ぜます。これをスプレー付きの遮光瓶(茶色の瓶)に移して、水を45ml加えます。

使う前によく振って、腕、足など肌が出ているところにスプレーします。2週間を目安に使い切りましょう。

 

蚊に刺されたくない!効果的な蚊の撃退方法は?実は使える扇風機!

扇風機を回して蚊を寄せ付けないようにする。

汗をこまめにふき取って、汗のにおいがしないようにする。

エッセンシャルオイルを使って、蚊の嫌いな香りを身にまとう。