woman_shock

うわっ思い出したくないこと、また思い出しちゃった……。そんなことありませんか?

人間の脳ほ放っておくといろんなことを考えてしまいます。何もしないでいるのが苦手な生き物なのです。そして、人間はもともと忘れやすい生き物。じゃあ何故嫌なことを思い出してしまうんでしょう。

嫌な記憶を忘れられない原因

嫌な記憶は、思い出すたびにつながりが強くなって悪循環が生まれます。ネガティブな経験をすることで過去にあった嫌な記憶と結びついて思い出されたりすることもあります。

他には、まだ自分の中で解決できていない記憶だったりすると忘れることが出来ません。物事的には解決していても、自分の中では怒りや悲しみが残っていたりするとなかなか忘れられないことがあります。また、忘れないことで自分が起こした過ちを二度と起こさないようにしているのかも。

スポンサードリンク

嫌な記憶を忘れる方法

・文章に書き出してみる

文章に書いてしまうことで脳が「文章に書いたから頭で覚えておかなくても良いや」と考えて忘れることが出来ます。また、本当に言いたかったことや気持ちを書くことで怒りや悲しみがすっきりするかも知れません。

・なるべく考えないようにする

実は効果的なんですよ、この方法。何度も思い出すから脳が「忘れてはいけないこと」と認識してしまうんです。なるべく考えないことで自然に忘れることが出来ます。

 

boy_think

忘れられない嫌な記憶……。忘れる方法はないの!?

嫌な記憶って、誰かに怒られたり傷付けられたり、更には恐怖体験であったり様々ありますよね。でも全部覚えていたら人間は生きていけないんです。今までも私たちはたくさんの嫌な記憶を忘れてきたんですよ。今は毎日思い出して辛くても、絶対に忘れてしまう時が来ます。なので安心してくださいね!