ウォーク

ダイエットには色々な方法があるかと思いますが、もっとも簡単でお金が掛らないのは、ウオーキングとジョギングではないでしょうか。ウオーキングとジョギングなら、通勤・通学中でもできますし、誰でもできるダイエット法ではないでしゅうか。

ダイエットにはウオーキングとジョギングどっちがお勧め!?

同じ時間継続するなら、ウオーキングよりジョギングの方が消費カロリーが多いのは当然のことです。20分のジョギングと40分のウオーキングが相当すると言われています。

しかし、脂肪の燃焼量はわずかですが、ウオーキングの方が上回ります。

40分のウオーキングでも、20分のジョギングでも消費されるカロリーは約200cal前後です。6枚切りのバタートースト1枚分くらいです。20分走るか、40分歩くかは体力や好みで決めればよいでしよう。

ただ、体調がよく足腰に問題がない人には、ジョギングがおすすめです。ジョギングで痩せた場合はリバウンドしにくく、綺麗に痩せられます。

ウオーキングは、ジョギングに比べ心臓に負担がかかりにくいので高血圧や高コレステロール、糖尿病などの改善や予防を目的にダイエットを始めようと思っている人におすすめです。

また、元気で体調が良くても、太っている人は足腰に負担がかかるのを防ぐためにウオーキングから始めましょう。

スポンサードリンク

ダイエットのためのジョギング

ダイエット2

ジョギングはかなりハードです。最初から「毎日、20分走る」などと目標を立てるとストレスになります。10分ずつ2回に分けて走ってもいいし、10分は走り、10分は歩くなどといったパターンでも十分効果が得られます。

ジョギングは毎日すると筋肉疲労が多くなるので、一日おきにする方がダイエットには効果があります。

ジョギングでよりダイエット効果が得たいなら、走る前の筋トレなど有酸素運動をするのがおすすめです。

ダイエットのためのウオーキング

誰でも取り組みやすいウオーキングですが、有酸素運動を行うと血液が体全体に行き渡り体調がよくなります。

ウオーキングだけでは物足りない人は、5分早足で歩き5分ゆっくり歩くインターバル足歩が、より効率よくカロリーを消費します。

ウオーキングで脂肪を燃焼して痩せるには、20分以上歩く必要があると言われていますが、続けて20分歩くのも10分ずつ2回歩くのも、脂肪燃焼に大差がありません。

ダイエットのための筋トレのススメ

ウオーキングやジョギングの前に筋トレをすることで基礎代謝が増し痩せやすくなります。筋肉は使わなければどんどん減ります。

筋肉を絶えず意識して、ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動の前には必ず筋トレをする習慣をつけましょう。

ダイエットには、ウオーキングとジョギングのどっちがお勧め?

20分走るか、40分歩くかは体力や好みで決めてください。

ジョギングやウオーキングの時間が取れない場合は、通勤や通学の時、一駅歩くとか、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使うなどで、同等のcalが消費されます。

ちなみに5分階段を使用すると40calが消費されます。

運動の時間が取れないときは置き換えダイエットをしてみましょう。