10-1

最近なんだか集中力がない、やる気が出ない、イライラする…。そんな症状が出ている人、もしかしたら脳のエネルギーが不足しているかも!?仕事を効率よく進めるのに大切な集中力を支えている、脳のエネルギー「ブドウ糖」、これが不足すると様々な不具合が出てきます。わたし達に欠かせない大切なブドウ糖について、見てみましょう。

 

脳の大切なエネルギー源、ブドウ糖とは?

ブドウ糖とは自然界に最も多く存在する単糖の一種で、穀類やぶどう、バナナ、あんずに多く含まれています。実は、脳はこのブドウ糖のみを栄養としています。血液中にあるブドウの約半分は脳によって消費されているのです。脳をしっかり働かせるには、ブドウ糖をしっかりと摂取することが必要なのです。

それで、ブドウ糖がしっかりと供給されているなら、脳が活性化され、集中力を高めることができます。またビタミンB1を合わせて取ることによって、疲労物質の蓄積を抑える効果があります。

 

スポンサードリンク

 

ブドウ糖が足りなくなってくると、出てくる症状

10-2

それでは、ブドウ糖が不足すると体はどうなるのでしょうか?まず感じるのが、異常な空腹感。また脱力感を感じ力が入らない、目の焦点が合わない状態になります。また、脳が働くのに必要な栄養が不足しましから、思考力がなくなり、集中力が低下、イライラしたり怒りやすくなる、といった症状も出るので、当然仕事や勉強するのに支障があります。これがひどくなると低血糖症となり、震え、動悸、発汗、目のかすみといった症状が出て、ひどい場合は死に至ってしまいますので気を付けましょう。

 

ブドウ糖をしっかりとる方法とは?

1日3食きちんとバランスの良い食事をとっているなら、ブドウ糖が不足することはないそうです。集中力を高めたいなら、集中力のいる仕事の前にブドウ糖が多く含まれるバナナ、はちみつを食事に取り入れるようにするといいでしょう。また過度の運動をするとブドウ糖が消費されてしまうので、集中して仕事をする前には、激しい運動は避けたほうがいいでしょう。

 

その集中力の低下、もしかしたら脳のエネルギー不足!?集中力を高めるためにできること!

脳はブドウ糖を栄養としていますので、集中力を高めたいならブドウ糖をしっかり補充する必要があります。

ブドウ糖が不足すると、力が入らない、思考力が働かない、集中力が低下、イライラする、といった書状が出ます。

1日3食きちんととっているなら不足することはありませんが、時に集中力を高めたいならバナナ、はちみつを取り入れるとブドウ糖が補給されます。