13-2

お昼前、または夜寝る前、お腹が空いてしまうことってありますよね。

ダイエットしているので中途半端な時間に食べたくない、寝る前に食べると太るからイヤ、めんどくさい、など様々な理由で何も食べたくないのです。

そんな時、辛い空腹をどうやってしのぐのか、いくつか方法をご紹介します。

 

アドレナリンを分泌することをしてみる!

何かの理由でアドレナリンが分泌されていると、お腹が空かないんだそうです。

アドレナリンが肝臓にある糖を血液中に放出する働きがあり、これにより血糖値が上がり、脳の血糖値が下がっている、というサインを消すことができるのです。

では、どうしたらアドレナリンを分泌することができるのでしょうか?運動です。

少し息が上がるくらいの程度の運動をすると、効果があるのです。家から出かけなくても簡単にできるのが、踏み台昇降、その場で駆け足。これを1分ちょっとやれば、結構いい運動になりますよ。

コーヒーを飲んでカフェインを摂取するのも、アドレナリンの分泌を促しますので、お腹がすいたらコーヒーを飲んでみるのもいいでしょう。

また、時間を忘れるほど何かに没頭することも、アドレナリンの分泌をうながします。集中できる趣味を見つけて、お腹がすくのを忘れるくらい集中してみましょう。例えばゲーム、映画、読書、裁縫などいかがですか?

 

スポンサードリンク

 

何か口に入れてみる!

13-3

体は水分が不足すると空腹を感じますので、水を飲むようにしましょう。これで満腹感も得られますし、水の代わりに炭酸水なら尚効果ありです。

どうしても何か口に入れたい!そんな時は、を一粒なめてみましょう。糖分が含まれていますので血糖値を上げてくれますが、カロリーも高くないですので、ダイエット中の方にもおすすめの方法です。

ガムを噛んでみるのもいいでしょう。微量の糖が含まれていますし、口を動かすので脳が刺激され、満腹感が得られます。

これらの方法に抵抗があるようでしたら、歯磨きをしてみましょう。食欲を抑える効果がある、と言われています。ミントの強い歯磨き粉を選べば口の中がすっきりしますし、気分転換にもなります。

 

お腹がすいたけど食べたくない…そんな時に空腹を紛らわせる方法!

アドレナリンを分泌させるため、運動、コーヒーを飲む、趣味に没頭してみるのもいいでしょう。

水を飲む、飴をなめる、ガムを食べる、歯磨きをするのも空腹を紛らわせるのに役立ちます。