3422bb5fb13238c94639b76e62ae6512_s

便秘には食生活の悪さだけではなく、心のバランスを崩すことで起きることも多々あります。

そして、実は便秘になる人のほとんどがこの自律神経のバランスを崩しているのです。

今回は自律神経と便秘の関係を説明したいと思います。

 

便秘と自律神経の関係とは?

便秘をしている人のほとんどの方が自律神経を崩していると言いましたが、では自律神経が崩れるとなぜ便秘になるかという話をしたいと思います。

自律神経というのは、血液循環や胃や腸の消化器官の働きを機能させる大事な場所です。

また精神的に影響を受けやすい場所なので、自律神経が崩れると体の機能が悪くなり便秘や下痢になるということです。

そのため、自律神経を乱さない生活を心がけることが便秘をしない一つのポイントになります。

スポンサードリンク

自律神経をしっかり動かすためには乱さない生活をしましょう

便秘を解消するためには腸の運動をしっかり機能させることが大切です。

この腸の運動が機能することで排出物が体内を通り排便ができるようになります。

つまり、自律神経が乱れると副交感神経の機能が低下して腸運動が悪くなります。

また、副交感神経の機能が働くと腸の運動がよくなり、排便機能がしっかりできるようになります。

では、どうやったら副交感神経が機能がよくなるかというと健康でない方はストレスや不眠、イライラなどから交感神経が活発してしまいます。

副交感神経が動いている方はストレスがなく、規則正しい生活をしています。

そのため、マッサージをして筋肉をほぐすことで体がリラックスモードになります。

そうすると、副交感神経が働き、腸がよく動くようになり排便ができるようになります。

ぜひマッサージはご自身でも簡単にできますので試してみてください。