保証会社1

賃貸不動産に契約する場合、保証会社と契約する場合があります。

連帯保証人がとれない場合など、状況により利用したりします。

最近では、連帯保証と共に保証会社の利用が多く、物件によっては要利用となっていたりもします。

もちろん審査もあり通らない場合もあります。

保証会社って何?

80年代から徐々に増え、90年代後半には、不動産関係にも利用が増えてきました。

保証会社は、保証人不要や大家さんや管理会社の利用が多かったが、最近では、賃借人が保証会社に審査して登録することが増えてきました。

滞納したときは立て替えて貸主に支払いますが、立て替えですので、賃借人に取り立てをします。

最近では、敷金礼金0の物件などがあり、貯金がなくてもすぐ入居できるような状況になっています。

その為、家賃の滞納が増え、連帯保証人も支払わないことが多くなり、大家さんや管理会社が家賃を貰うことができなくなります。

その代わりに保証会社が支払ってくれるので、大家さんや管理会社は賃料の滞納がないので安心です。

スポンサードリンク

保証会社不必要な物件はある?

ないというわけではありませんが、最近では保証会社不要物件は少ないです。

それを探すのは困難です。

ゼロではありませんが、気に入る物件かどうか疑問です。

気に入った物件が保証会社必要なら、管理会社などに交渉してみて、もしかしたら、不要になるかもしれません。

保証会社の審査基準は?

保証会社2

入居申し込みするときに審査を行います。

保証会社の審査基準は、会社によって違います。提出書類も違います。

賃料に見合う一定の収入があるか、借金などでブラックリストの履歴がなければ、さほど厳しい審査ではないです。

賃貸保証ベースというものを基本としている保証会社は、賃料の滞納など管理会社などとのトラブルなど起こしていると、ブラック履歴に登録されてしまい、審査が通りづらくなります。

賃貸不動産を借りる際の保証会社の審査基準とは?

連帯保証と保証会社の両方でないとだめな昨今。

仲介業者と保証会社は提携していることが多く、選べないこともあります。

同じ物件でも仲介業者が違うと保証会社も違うこともあり得ます。

もし、保証会社を選べるのであれば、仲介業者やネットで評判やどんな保証会社かを見たり相談してみたりして、決めてはいかがでしょうか?

一番は、賃料を滞納しないことです。

それさえ気を付ければいいです。