不動産取引

お部屋探しといえば不動産屋さんとは間違いなくかかわっていくことになると思います。

ネットに載っていない物件だって沢山あるからです。

なかなか理想に出会えないお部屋探しなので、選択肢は少しでも多いほうがいいですよね。

そんな不動産会社、どこを選んだらいいのー!ってなる方もいらっしゃると思います。

こんな不動産屋に注意!

ダメ注意

まずはイマイチ率が高い不動産屋さんの特徴を並べてみました。

取り扱い物件数を掲げているトコ

実は取り扱っている物件情報は不動産会社全体で共有されているんです。

取り扱い物件数の多さを謳っているトコロはちょっと胡散臭いですよね。

仲介手数料無料とかって言ってるトコ

まず仲介手数料って言うのは不動産っていう仕事をする上で発生しないとやっていけないお金なんです。

無料とかにできるのは大家さんから「広告料」をもらっているから。

つまり仲介手数料が安いってことは大家さんから広告料を貰っている物件しか紹介されないので選択肢が狭まります。

スポンサードリンク

ギラついた宣伝をしてるトコ

あまりにがっついた広告を出しているところは、不当な情報操作等して本来見られるはずのもっといい物件も見せてくれなかったりするようです。

他にも・・・

不動産屋さんの良し悪しを決めるのはこういった外から見えるものから、中に入ってみないとわからないものもあります。

こんな担当者は注意です。

態度が悪い

予約したのに下見の手配をしていなかったり、なんだか放置され気味だったり・・・。

3月頃までの忙しい時期は多少仕方ないところもありますが、不動産業は接客業です。

接客態度が悪いと感じたら即店を出ましょう。

他に良い不動産会社は山ほどあります。

埋まったと言われた部屋が掲載されている

こちらも忙しい時期は仕方ないところもありますが、埋まっているのに広告が出続けているところです。こういったところは別の場面でも信用できないのでやめておきましょう。

じゃあ良い不動産屋さんって??

悪いトコを見てきたので良いトコの特徴も見ていきましょう。

基本的に今言った悪いトコの特徴と逆のことをしているところを探せばいいんです。

予約していた物件以外にも用意してくれる

まあ、大体の不動産屋さんはやってくれる気がします。

なぜ不動産屋さんに行くかって自分の知らない物件情報を知りたいからですもんね。

電話が多い

大家さんや管理業者さんに電話して最新の情報を得ようとしている証拠です。

電話がなくてもこちらの持っていない「新情報」を提示してくれる場合は既に調べ済みってこともあります。

注文に快く答えてくれる

どこかで待ち合わせて部屋を見てから不動産会社へ行く等、物件以外の注文にも気持ちよくこたえてくれる人はいい人です。

不動産屋選びにあたって・・・

あくまで目安ですが、熱意を感じたら少なくとも仕事は楽しんでやっている人です。

熱意を感じなかったり、横柄な態度だったりしたらちょっと信用できないかも!

 

探す

お部屋探しは不動産屋さんとあなたの2人で見つけ出していくものです。

上に書いたような不動産屋さんの注意点だけじゃなく、あなた自身の心構えもおさらいしておきましょう。

不動産会社は複数件まわる

一つだけじゃ満足のいく物件なんてめったに見つかりませんし、そこがいいトコなのかどうかもわかりません。よっぽど気に入ったのでなければ複数回ってみましょう。

住む上で絶対に譲れない条件を決めておく

スムーズに探してもらうために、自分の中で譲れない条件っていうのは決めておきましょう。

部屋の向き、駅からの距離、1階は嫌だ、バストイレは別がいいとかですね。 

礼金や家賃は値切る

ネットや不動産屋さんで提示されている家賃っていうのは少し高めに設定されているんです。

少し高めになっている金額を元に戻すと考えればそう抵抗も生まれないはず!どっちかだけでもいいので頑張ってみましょう。

不動産屋さんに求めるばっかじゃなく、こちらの方でもある程度の準備と心構えは必要なんです。

不動産屋さんの選び方と仕組み!部屋を借りるときに知らないと損する!

部屋探しを楽しんで、いい思い出にするためにもまずは自分の意見をハッキリさせておきましょう。何も言わなければ何も探せません。言う条件が少なすぎて、満足のいく物件が見つからないと嘆いても、不動産屋さんに否はありません。

“良い”ことにするためにも相手と自分、二人三脚で取り組んでいくことなんだという考えを忘れないでおきたいですね。