生ビール

人それぞれによってお酒を飲む機会がありますよね?

主に居酒屋などに行くと最初に必ずと言っていいほど「生ビール」を頼まれる方が多いのではないでしょうか?

知っている方もいるかもしれませんが、生ビールの「生」ってどういう意味があるのでしょうか?

生ビールの「生」とは何なのか?

答えから言ってしまうと、生ビールとは加熱処理をしていないビールのことを指し、「生」という言葉があてられているのです。

昔は居酒屋などで提供される加熱処理をしていない樽詰めの生ビールと加熱処理されたビールがあったのだそうです。

そもそも加熱処理をしていた理由は、瓶の中などで発酵が進んでいき不味くなるので加熱処理をしていました。

居酒屋などでは、短期間にビールが消費されるので加熱処理されていない樽詰めの生ビールが提供され、それ以外の瓶ビールなどは生ビールのように短期間には消費されないので加熱処理をして発酵により不味くならないようにされていたのです。

スポンサードリンク

現在も昔と同じように加熱処理されているのか?

生ビール2

前述のように現在のビールも加熱処理されていたりするのでしょうか?

結論から言ってしまうと、現在は技術革新により加熱処理をしなくても良い技術が発展したのです。

そもそもビール加熱処理してしまうと、風味が変わってしまうのです。

しかし現在は、加熱処理をしなくても軽石状の石を使用してろ過することにより、酵母が取れるようになったのです。ですから、瓶ビールもろ過によって加熱処理をしないビールができ、昔とは違い今では家庭でも加熱処理をしないいわゆる生ビールが飲めるようになったのです。

今でも居酒屋やお店などで提供されるビールに「生」とつくのは、昔の名残で瓶からではなく樽から注いだビールを生ビールといわれているのです。

生ビールとはどういうものなのか?

生ビールの「生」とは、加熱処理されていないビールのことを生ビールといい、加熱処理されたものには「生」がつかない。

現在は加熱処理ではなくろ過の方法が用いられている。

昔の名残で、樽から入れたビールを生ビールと今ではいわれるようになっている。