6-1

ラーメンに入っているとテンションが上がる、煮卵。黄身が半熟でトロットしていてここまで味が染みていると、ラーメンのスープと相まってたまらないおいしさです。この煮卵、実は簡単に作ることができるって知っていましたか?ここでは、初心者でも簡単にできる煮卵の作り方、ご紹介します!

 

まずは卵をゆでるところから!半熟卵にゆでるのがコツ!

卵のゆで加減って難しいし、皮をむくのも大変…。そんな人に試してほしいのが、こちらのゆで方!

お湯:適量

卵:好きなだけ(鍋に入るだけ)

氷水

  1. 大き目の鍋にたっぷりのお湯を沸騰させます。卵は常温に戻しておきます。
  2. 沸騰したお湯に卵を静かに入れます。卵にひびが入らないように注意しましょう。
  3. すべての卵を入れたら、箸などで静かにお湯をぐるぐるとかき混ぜます。
  4. ゆで時間は6分に設定します。
  5. 卵を氷水に入れて冷えるまで5分くらい置きます。それから殻をむきます。

 

スポンサードリンク

 

市販の麺つゆを使って簡単に煮卵!

6-2

半熟卵ができたら、タレにつけましょう。市販の麺つゆを使えば手間いらずで簡単です。

卵:6個

麺つゆ(3倍濃縮のもの):200㏄

水:200㏄

これをタッパーや保存ビンなどに入れて保存します。半日から1日で食べごろになります。

このときに、タッパーなどの容器ではなく、ジップロックにタレを入れて卵をいれてもよく漬けることができます。

タレを作って味見して少し甘く感じるようでしたら、しょう油を少しだけ足しましょう。

 

ちょっとひと手間で、おいしい煮卵!

こちらはオイスターソースを使った、一味違う煮卵です。

半熟卵:5個

タレ

オイスターソース:大さじ1

しょう油:大さじ2

みりん:大さじ3

水:100㏄

  1. タレを合わせて沸騰させておきます。
  2. タレの粗熱が取れたらジプロックに入れ、さらに半熟卵を入れます。
  3. 2日くらい置くとしっかりと漬けることができます。

 

おいしいのにとっても簡単なのですぐにチャレンジ!煮卵の簡単な作り方とは?

半熟卵のゆで時間はお好みで!卵はゆであがったらすぐに氷水に入れることで殻がきれいにむけます。

市販の麺つゆを使うと簡単!このタレは2回卵を漬けるのに使うことができます。

オイスターソースを使った煮卵、2日置くと黄身まで味がしみこみます。