アイスの賞味期限1

夏の暑いときにアイスを食べる方が多いかと思いますが、アイスって季節に関係なく年中食べたくなりますよね!

基本的に食品には賞味期限や消費期限などが記載されていますよね?

そういえばアイスには賞味期限などがあるのでしょうか?

アイスに賞味期限が表記されているのか?

アイスは、他の食品と違い冷蔵庫ではなく冷凍庫にいれますよね?冷凍庫って保存するときによく使ったりしませんか?そう思うとアイスに賞味期限などあるのでしょうか?

アイスの賞味期限の表示には、

  • 温度の管理がきちんとされていれば、細菌は減ることはあっても増えることもなく、長期保存しても品質の変化は極めてわずかである。
  • 厚生労働省や農林水産省の規定で、「アイスクリーム類にあっては、期限及びその保存方法を省略することができる」と定められている。
  • 公正取引委員会によって認定された規約で、賞味期限の表記の代わりに「ご家庭では−18℃以下で保存して下さい」や「要冷凍(−18℃以下保存)」などと記載してアイスの保存に関して注意をお願いている。
  • アイスは溶かさないように、保存温度を守って下さい。

と上記のような表示がなされています。この表示からアイスには賞味期限がないことがわかりますね!

スポンサードリンク

アイスの他にも・・・!

アイスの賞味期限2

前述では冷凍庫で保存するアイスに賞味期限がないことが分かりましたね!

実はアイスだけに限らず、同じく冷凍庫で保存する冷凍食品なんかの賞味期限の記載がないんです!

いくら賞味期限の記載がないからとはいえ、冷凍庫に長期保存すると冷凍焼けや冷凍庫の臭い移りが心配ですよね。

冷凍の者は長期の保存が効いて便利だと思うのですが、賞味期限の有無に関わらず、早めに消費することが良いかもしれませんね。

アイスの賞味期限って?

アイスは、厚生労働省や農林水産省、公正取引委員会の定めた規定によって賞味期限を表記しなくても良いことになっている。

冷凍保存されているため菌が繁殖することもない。

賞味期限の表記がない代わりに、アイスの保存についての注意が記載されている。