7-1

秋の味覚、ぎんなん。

茶碗蒸し、土瓶蒸しに一粒入っていますが、なかなか主役になりにくい素材ですよね。

しかし、お料理にちょっと添えてあると、季節を演出できる、期間限定の贅沢な食材です。

スーパーなどでは、1パック50個くらい入っていて、一度ですべて食べるのは無理。

ここでは、ぎんなんにちょっと下処理して、上手に保存する方法をご紹介します。

あまり知られていない、ぎんなんの賞味期限ってどのくらいなの?

殻付きでしたら、常温で1週間くらいは大丈夫です。

新聞紙に包んで、直射日光の当たらない風通しのいい場所に置いておきましょう。

ビニール袋に入れっぱなし、はカビの原因になりますのでやめましょう。

冷蔵庫での保存するなら、湿らせた新聞紙に包んで乾燥を防ぐようにしておきます。

新聞紙が乾燥したら、湿らせたものと交換しましょう。

この方法で、1ヶ月くらい保存できます。

殻付きで冷凍保存するなら、フリーザーパックなどの保存袋に入れて半年くらいは保存できますが、解凍した時に中身が固くなっている、身が痩せてしまっている、という意見がありました。

スポンサードリンク

ぎんなんの固い殻、レンジを使って簡単にむける!

7-2

常温、冷蔵では長く保存できませんから、長期保存するなら、断然冷凍保存がオススメです。

しかも、殻つきではなく、殻をむいて、調理してから冷凍するのが、解凍後一番おいしくいただけるそうです。

しかし、このぎんなんの固い殻、向くのが難しいですよね。

そんな時使えるのが、電子レンジ!

ぎんなんを紙の袋、封筒に入れて、ぎんなん10粒につき40秒くらい電子レンジで加熱します。

この時、口をしっかり閉じてください!

レンジで加熱中、封筒の中で「ポン!ポン!」と、結構激しく爆発していますから、しっかり口が閉じてないと、レンジの中が汚れてしまいます。

これで、簡単に固い殻をむくことができます。

ぎんなんの冷凍保存の前に、もうひと手間!

もうひと手間加えてから冷凍すると、解凍してからも美味しくいただけます。

鍋にお湯を沸騰させ、塩をひとつまみ入れます。

ぎんなんを入れて、お玉の背で転がしながら、薄皮をむいていきます。(湯通しすると皮をむきやすい!)

ぎんなんが透き通るまで茹でたら、残った薄皮をきれいにむいて、1回分ずつ分けてラップで包みます。

それをフリーザーパックに入れて冷凍します。

下処理してから冷凍しますと、1年くらい保存できます、ということですので、長期保存したいなら、塩ゆでして冷凍しましょう。

ぎんなんを上手に保存する方法!下処理はなんと電子レンジを使える!?

殻付きの場合、常温で1週間、冷蔵で1ヶ月くらい、冷凍で半年くらい保存可能です。

ぎんなんの固い殻をむくのに、紙袋に入れて電子レンジでチンすると、楽に固い殻がむけます。

塩ゆでして、薄皮をむいてからラップに包んで、さらに保存袋に入れて冷凍すれば1年くらい美味しくいただけます。