27517cf056734bc9b4d5f81e0ee065e0_s

飲み会はプライベートのみならず、ビジネスの場においてもとても重要な場だったりしますよね。

飲みの席で失敗してしまうと、仕事でも上手くいかなかったりすることが多いです。

でも、お酒が弱くて・・・というあなたに是非知ってほしい飲みの席が楽しくなる方法をお教えします。

お酒について、まず知っておきたいこと

まず少量の弱いお酒でダウンしていた人が、大量の強いお酒をグビグビ飲めるようにはなりません

お酒の強い弱いというのは、分解酵素の多い少ないで決まります。

その分解酵素の中でも、主に「アルコール分解酵素」「アセトアルデヒド脱水素酵素」の2つがアルコールの分解に大きく関わってくるのです。

アルコール分解酵素は文字通りアルコールを分解するものです。

このアルコールを分解した際に出るのが「アセトアルデヒド」で、これがお酒を飲んだときの不快感の主な原因となっているんです。2日酔いの原因も主にコイツです。

アセトアルデヒド脱水素酵素は、こちらも文字通りアセトアルデヒドを分解する酵素。

重要なのは、この2つの主な酵素は、どちらも遺伝によって有無・量が決まるんです。 つまりいくら鍛えたところでこの2つの酵素に関しては増えることはありません。

なので酒を飲みまくって、酒に強くなろうとはしないようにしてください。   ここでは強くなる方法ではなく、楽しく飲む方法を紹介したいと思います。

楽しく飲むために その一.空きっ腹で飲まない

お酒を飲む前に、何かお腹に入れましょう。

飲んだとき、胃に食べ物があるとアルコールが腸まで到達するのが遅くなり、酔いがまわりにくくなります。

空腹時にお酒を飲むと酔いやすいのは、酒に強い人も同じです。

酒に弱い人は特に空腹状態を避けるように心がけましょう。

ただし、飲みながらおつまみや油っこいものを食べ過ぎると胃に負担がかかり気持ち悪くなるので、飲んでいる最中は食べ過ぎないように注意!

楽しく飲むために その二.自分の飲めるお酒・ペースを見つける

これが一番大事だと思います。

自分が美味しいと思うお酒を見つけましょう。酎ハイでもなんでもいいです。まずいものを飲んでてテンションが上がるわけないです。

自分の好きなお酒を見つけたら、次は自分のペースを見つけましょう。他人と同じ酔いレベルを意識してみるといいかもしれません。

弱いのに普通に飲める人と同じ量を飲んであっという間につぶれるという状況は避けましょう!

それと、常にお酒を飲まずに、合間にお冷を飲みましょう。酔いづらくなります。

スポンサードリンク

でもやっぱり少しだけでも酒に強くなりたい場合は

毎日飲みましょう。先ほど紹介した主な2つの酵素以外にも、アルコールの分解に関わる酵素は存在します。

そしてそれは毎日アルコールを取り入れれば増えます。 つまり毎日お酒を飲んでいれば多少は強くなれます。

ですが先ほどもお話したとおり、大量のお酒をグビグビ飲めるようにはなりません。

毎日飲むことで体への負担もかかる上、要はアルコールに対する耐性がついているようなものなので、酒を飲まない日が少し続けばまた元に戻ってしまいます。 無理は控えましょう。

お酒を楽しく飲むために

というわけで今回は、「強くなる方法」ではなく「楽しい飲みの席にするための方法」をご紹介しました。

お酒が弱くたっていいんです。楽しい席になればそれで。 たとえ酒に強くても、飲みすぎて場がめちゃくちゃになってしまえばそれは失敗なんです。

弱いからと悲観せずに、楽しい席になるように心がけてみましょう。